« 中国からみると喧嘩を売ってるように見えるんだろうな | トップページ | ほんとかな? »

2013年2月 8日 (金)

贅沢品の広告禁止はちがうんじゃないかな?

贅沢品の広告禁止はちがうんじゃないかな?

人民網:中国人男性 贅沢品市場の消費の主流に (2)
http://j.people.com.cn/94476/8102520.html

しかしバーバリーの財務担当者は、「当社は全体的に見て、中国市場の成長を楽観視している」と語る。

中国政府が腐敗防止を力強く推進してから、消費者はより慎重・賢明に商品を購入しており、ルイ・ヴィトン等の商標が目立つ贅沢品の購入を避けるようになった。しかし中国の13億人の消費者の中には、高級ブランドを所有したがる人が多い。中国は依然として、贅沢品販売の原動力である。

レコードチャイナ:中国当局、テレビ・ラジオでぜいたく品の広告放送を禁止―仏メディア
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=69230&type=

2013年2月6日、ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)中国語版サイトによると、中国当局はラジオ及びテレビでぜいたく品の広告放送を禁止した。中国共産党の習近平(シー・ジンピン)氏は総書記に就任以来、腐敗撲滅に力を入れている。今回のぜいたく品広告放送禁止も、ラジオやテレビが消費者のぜいたく品追求を助長しないようにとの意図があり、反腐敗措置の一環だと思われる。

贅沢品の広告禁止と腐敗防止はちっとちがうんじゃないかな?

  *        *       *

頑張って働いて、幸運にも恵まれて大きな収入を得たなら、贅沢品を買っても悪いことじゃなない。むしろ、腐敗防止と贅沢品がつながることが不自然というか危険を示しているように思う。

つまり、贅沢品を買えるような収入があることイコール不正がある、とか、贅沢品が欲しくなると不正に手を染めるとかって事が無ければ、贅沢品の広告を止めることが腐敗防止につながるとはならない。

これは社会全体のモラルが低いことを示している。

あるいは、贅沢品を庶民が見ることで怒りと言うか騒ぎを招いてしまうとか。

どちらにせよ危険なことだ。

  *        *       *

人間は、自慢したい・ほめられたい・羨ましがられたいという欲望を持っているものだ。その事は群れを作る動物である人間にとって自然な事で、どんな国や社会であっても変わらないだろう。

違いが出るのは、どんな事をしたら自慢できるか、ほめてもらえるかだろう。

タテマエだけじゃなくホンネの世界でも自慢できるかどうか。何が羨ましがってもらえるか。何をしたら認めてもらえるか。そういった部分で文化の違いが出てくる。

  *        *        *

贅沢なモノではなく別なもので認めること、そしてその別なものが社会の役に立つようなものにすること。それが出来れば社会は腐敗しない。

  *        *        *

モノではなく別の何か、かっこいい行動(礼節ある行動・文化的なレベルの高い行動、自己犠牲、勇敢さ)。高貴な者の義務、というとちょっと違うかもしれないが「立派な人間」を認めるかどうか、ホンネレベルで。

その行動を誇りと思い、まわりもそういった行動をとる人間に敬意を払うという文化や価値観を醸成すること。もしそれが出来たなら贅沢品の広告禁止なんかよりも遥に腐敗防止の効果があるだろう。

何故なら、他人に認められたいが為に贅沢なモノを買うのであって、ストレートに認めてもらえるならそんなモノは必要ないんだから。

  *        *        *

ただ、共産主義と言うか平等を突き詰めると、「高貴な者」の存在を否定してしまう。そうなると「高貴な者の義務」もなくなり、個々の人間の欲望をむきだしにしてしまう。そうなると、誰にでも判りやすいモノを持っているかどうか判断基準になってしまう。

さらに言えば中国共産党はそれ以前にあった様々な価値観を壊してしまった。その結果、モノを持っているかどうかという判りやすい価値観が幅をきかせるようになっているのではないか。

などなどと考えると共産党支配下の中国が拝金主義となり、贅沢品を漁るようになっても不思議ではぜんぜんない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 中国からみると喧嘩を売ってるように見えるんだろうな | トップページ | ほんとかな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56724941

この記事へのトラックバック一覧です: 贅沢品の広告禁止はちがうんじゃないかな?:

« 中国からみると喧嘩を売ってるように見えるんだろうな | トップページ | ほんとかな? »