« 台湾は? | トップページ | カルチャーギャップなの...か »

2013年3月 8日 (金)

オスプレイの本土訓練開始を歓迎する

オスプレイの本土訓練開始を歓迎する

中日新聞 社説:本土訓練開始 安保とは、考える機会に
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2013030802000113.html

オスプレイは操縦ミスで度々墜落し、安全性に疑念が残る軍用機である。それを、かつて米国防長官が「世界一危険」と指摘し、日米両政府が日本側への返還で合意した米軍基地に強行配備する非合理性をまず指摘せねばなるまい。

オスプレイの安全性は現行機種と比べて遜色なく、普天間で使用されている現行機種が老朽化してゆくことを考えれば、普天間基地周辺は安全になります。また、沖縄ではなく本土で訓練するということは(少しばかりかもしれませんが)沖縄の負担を本土へ移転することです。

オスプレイの配備は合理的です。

  *        *        *

オスプレイはホワイトハウスでも使用されることが決まっています。そんなマシンを危険だと非難することには無理があります。今後、オスプレイを危険だ云々と非難することは失笑を招くようになるでしょう。

政治で事実は変わりません。オスプレイ配備の反対運動は、反米の政治活動として、一時的成功を果たしましたが、長期的には失敗だったと思います。事実にもとづかない政治活動、成果をもたらさない政策は長続きしませんから。衆目を集めはしましたが、事実じゃないと判ったら、衆目を集めた分だけガッカリされるでしょうから。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 台湾は? | トップページ | カルチャーギャップなの...か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56911096

この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイの本土訓練開始を歓迎する:

« 台湾は? | トップページ | カルチャーギャップなの...か »