« 昔からでしょ? | トップページ | オスプレイの本土訓練開始を歓迎する »

2013年3月 7日 (木)

台湾は?

台湾は?

産経新聞:観光競争力、日本は8ランクアップの14位 首位はスイス、韓国25位
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130307/erp13030710350007-n1.htm

アジア太平洋地域ではシンガポール(10位)が最高で、日本はオーストラリア(11位)、ニュージーランド(12位)に次ぐ4番目となった。韓国は25位、中国は45位だった。

で、台湾は何位なの?

なんで、中国や韓国の順位があって台湾のが無いの?

    *       *        *

WBCの台湾-韓国戦での報道で思ったのだけれど、韓国についての報道量に比べで台湾についてのものが少なすぎるのではないか。WBCについては過去の実績からすれば韓国重視もしかたないかもしれないけれど、もう少し台湾についても報道してほしいものだ。

    *       *        *

中国・韓国・台湾の3ヶ国について日本で報道されるのニュースの量はどれくらいの比率なのだろうか。

私の見聞きする範囲では、中国や韓国につてのものに比べ台湾は10分の1程度に感じる。

日本にとって台湾の重要度が、中国や韓国の10分の1と言うことはないだろう。台湾は、その重要度に比べ報道される量が少なすぎるのではないか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 昔からでしょ? | トップページ | オスプレイの本土訓練開始を歓迎する »

コメント

そのインタビューを横で聞いていただけだが感じたのは、日本における"オルタナティブ"という存在は、自由をもたらすものではあっても、それが抵抗や反抗を必ずしも示すものではない。そのことは、韓国のアーティスト達から見ると韓国とはとても違うところだと感じたようだ。

その理由として、日本では国家や(学問・言論界における)大学という装置がthe first powerとして機能していないことが挙げられる。他国ではオルタナティブというのは、その影響力や流れを受けて生まれているが、日本では言論等の自由という理由から生まれているのではないか。

例えば、ZINEとかの流行り方を見ていてもそれを感じる。何かに抵抗するための表現とは少し違う。だからこそ、最近大学生が発刊して話題になったN Magazineは現状のZINEという枠組みで捉えられることがなかった。彼には現状のファッション誌への抵抗という意志が明確だった。


韓国人アーティスト達は、日本での政権交代を大きなことと受け止め、その影響や国民の反応を尋ねた。私としては(勿論良くないが)正直どの政権・首相になっても日本は簡単には変わらないと捉えていた。日本ではそれぐらい国家や政治が信頼されていないことを東さんは説明下さり、彼女達は驚いていた。


それだけ韓国では政権が変わることは当然大事であり、それが本来なのではないかと思うのが、どうしても日本にはフィットしない。どこを正せば今の日本のそういった歪みが解消されるのか、その鍵がどこにあるのか誰にも分からなくなっているのが現状だと東さんは言っていたが、そういうことなのだろう。

投稿: kt_serendipity‏@kt_serendipity | 2013年3月 8日 (金) 16時45分

上の※ですが、逆に政治が信頼されているから
「誰が首相になっても変わらない」のではないでしょうか。
だって、鳩山首相、管首相なんて、もう二度とごめんですから。

「日本人は台湾って呼んでくれる!」と
話題になったんですってね。なんだか切ないですね。
チャイニーズ那覇とかも頭に浮かぶんですけどね・・・

投稿: ohsui | 2013年3月13日 (水) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56908756

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾は?:

« 昔からでしょ? | トップページ | オスプレイの本土訓練開始を歓迎する »