« 韓国は一線を越えつつある | トップページ | マスコミを下品と感じるとき »

2013年3月19日 (火)

悪口言うのは本能なのかな

悪口言うのは本能なのかな

時事通信:射撃レーダー照射、改めて否定=日本の一部報道で中国国防省
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013031800465

中国国防省報道事務局は18日、中国海軍艦艇による海上自衛隊護衛艦へのレーダー照射問題で、中国軍幹部が射撃管制用レーダー照射を認めたとする日本の一部メディアの報道について「事実に合致しない」と改めて否定する談話を発表した。

同局は「日本側がマスコミを使って大げさに宣伝し、中国軍の面目をつぶして、国際社会を誤解させるのは、下心があってのことだ」と非難。「日本側は深く反省し、無責任な言論の発表をやめ、実際の行動で両国関係の大局を守るべきだ」と求めた。

日本ではマスコミは政府の管理下にはありませんので、「日本側がマスコミを使って大げさに宣伝」っていっても、中国ほど簡単じゃないと思いますけど、ありえない、とはいいませんけど。

なんだか、民主主義や報道の自由を理解していないんですよね。中国って。

   *         *        *

日本と中国の相互理解が必要とおっしゃる方もいるけれども、日本が中国のロジックを理解すると同時に、中国も日本の自由と民主主義を理解するべきだよね。

日本の平和主義、というか日本が軍国主義でないことを、中国に判ってもらうこと以上に、日本の民主主義や報道の自由・言論の自由・政府批判の自由を理解してもらうことの方が、効果があるかもしれない。

   *         *        *

でも、何故、「下心があってのことだ」とか、決めつけるようなことを言うかな。

えらそうな態度で、相手を非難して、対立が深まるばっかりじゃん。

単に「事実ではない」とかだけでは済ませられないんだろうか。それが彼等の文化なのだろうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 韓国は一線を越えつつある | トップページ | マスコミを下品と感じるとき »

コメント


親から虐待を受けている児童が、親が示したごくわずかな愛情を根拠にして「親に愛されている」と言い張るように、アメリカの大統領や駐日大使が日米同盟の重要性に言及するたびに、日米関係は良好で対等だと喜んだ。

これらは、ストックホルム症候群の典型的な症例である。

(「言志」vol.8)

投稿: 中野剛志bot‏@regimechangebot | 2013年3月19日 (火) 14時42分

国内向けなんでしょうね。全ての発言が、行動が。
対日本、対外国への圧力の強弱に、深慮遠謀はあるのでしょうが、
基本、内政の為の言動なのかなと思っています。
私事ですが、うちの主人がそんな感じで。
「お前が悪い(のは俺の失敗と言いたくないからだ、空気読めよ、
俺の面子が潰れるだろ)反省しろ」でしょうか、わかりませんw

仰る通り、こちらの立場と考え方と思想を、懇切丁寧に、
何億だかの国民に向けて、大きな声でしつこくお教えするのが得策と思いますw

投稿: ohsui | 2013年3月19日 (火) 15時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56986462

この記事へのトラックバック一覧です: 悪口言うのは本能なのかな:

« 韓国は一線を越えつつある | トップページ | マスコミを下品と感じるとき »