« 江戸時代・明治時代、排外主義 | トップページ | 憲法九条の利点は無くなりつつある »

2013年3月30日 (土)

夢よ、もう一度

夢よ、もう一度

スポニチ:安倍首相 質問に不快感あらわ「クイズは非生産的」「子どもっぽい」
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/03/29/kiji/K20130329005505150.html

民主党の小西洋之参院議員は予算委で「幸福追求権を定めたのは憲法何条か」「個人の尊厳の尊重を定めたのは何条か」と矢継ぎ早に質問。首相は「相手が答えられず、自分が優位に立つような子どもっぽいことはやめたらどうか」といさめた。

見かねた石井一委員長(民主党)は「発言は自由だが、別の機会に堂々と議論を」と、質問打ち切りを促した。

前回、民主党が政権を獲得した時には、麻生さんに漢字の読み方を追求したりしてましたから、同じ作戦なのでしょう。

問題は、そんなお勉強や受験能力を問題にすること自体が民主党の下らなさを示してしまっているということです。そして、お勉強や受験能力よりも政治家にとって大事な事があることを、旧民主党政権は示してしまいました。

少なくとも今現在の国民の多くが、受験生的な能力のほうがアベノミクスで増えた仕事や給料よりも大事だと思っているとは思えません。

こんなことをやっていると、民主党は相変わらずだな、と冷たい目線が送られることでしょう。

  *           *          *

私の勤務先は、3月に入ってから受注が急増してしまっています。アベノミクスで自動車業界からの予想外の受注があったそうです。今期の数字は期待して良いと言っていました(まぁ、ちょっとお酒が入っていましたから与太話レベルですけれど)。

というような、仕事が増えることに比べれば(ゴハンが食べられ、子供の教育費が支払えるという事に比べれば)、憲法の何条に書いてあるかなんて、どうでも良いことです。

  *           *          *

あ、でも受験生的な能力というか知識を頭に一度つめこんで、それでもって様々な事を考えるという経験は、その後の人生に役立ちますから、受験生のみんさんは頑張ってください(受験シーズンは終わってしまいましたが)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 江戸時代・明治時代、排外主義 | トップページ | 憲法九条の利点は無くなりつつある »

コメント

モーリー・ロバートソン‏@gjmorley3月28日

10年前ならば英語圏に留学した場合、アメリカ英語を話すかイギリス英語・オーストラリア英語を話すかで微妙に進路に違いが生じたものですが、今はもうシンガポール英語でいい。

シングリッシュ自体がシンガポール政府の移民追加で北京語に侵食されているという話を聞きました。全部が変わっていく。

投稿: モーリー・ロバートソン | 2013年3月30日 (土) 17時23分

広島国際合気道道場TSS(テレビ新広島)取材!!
2012 2 2: http://youtu.be/pC4Y07fGmCY

外国人指導者の合気道道場。国際合気道連盟理事長のピーター・ゴールズベリーさんて広島大学の先生だったんか。「ニッポンの良さ」というより、問題点が逆に良く分かる動画だ。


余談ですけど、植芝盛平伝で「ある高名な柔道家が開祖に入門を願い出たが、開祖は頑として認めなかった」と書いてある「ある柔道家」とは、力道山と戦った木村政彦の事なのだそうだ。

理由は不明だが、もし木村が盛平に入門していたら、後の武道史はもっと面白くなったんじゃないだろうか。

投稿: 良ければ | 2013年3月30日 (土) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57065073

この記事へのトラックバック一覧です: 夢よ、もう一度:

« 江戸時代・明治時代、排外主義 | トップページ | 憲法九条の利点は無くなりつつある »