« 避難しなかったとしても | トップページ | 命を大切にするなら »

2013年3月 1日 (金)

すぎた事は言わないのが

すぎた事は言わないのが

読売新聞:朴大統領、日本に「歴史」解決訴え…竹島ふれず
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130301-OYT1T00505.htm?from=ylist

朴大統領が2月25日の就任後、演説で日韓関係に言及するのは初めて。朴政権は李明博前大統領の竹島上陸を契機に冷却化した日韓関係の修復に意欲を見せているが、演説は「未来志向」よりも「過去の問題解決」に比重を置く内容となった。反日感情の根強い国内世論にも配慮したものとみられる。朴大統領はまた、「加害者と被害者という歴史的立場は1000年の歴史が流れても変えることはできない」とした上で、「日本政府は積極的な変化と責任ある行動をとらなければならない」と述べた。竹島問題に関する言及はなかった。

「加害者と被害者という歴史的立場は1000年の歴史が流れても変えることはできない」

ふ~ん、じゃあ元寇の時の損害賠償について、お願いします。朝鮮半島はモンゴルに蹂躙されていたとはいえ、国家主権は無かったかもしれませんけど個々の人間としては、日本に侵攻した人間もいるはずです。その方々の子孫は朝鮮半島にいるはずですよね。

元寇は1274年(文永の役)と1281年(弘安の役)ですから、千年たっていませんよ。

  *        *       *

すぎた事は言わないのがルールだと思うんです。というか、国どうしのトラブルがあったとしても、平和友好条約を結んだりしてカネや領土を確定したら(あるいは解決していないことが確定したら)、その時解決したとした事は言わないのがルール(解決していないとなったことは議論・交渉すれば良い)と思います。

日本と韓国の間で言えば、日韓平和友好条約を結んで、その時に、賠償請求については、終わったとしたのだから、終わった事としなければなりません。加害者や被害者なんて言ったら、感情的対立を招くばかりで、良い結果は産みません。

  *        *       *

過去の歴史を言うのはやめにするべきです、少なくとも政府レベルでは。

民間レベルでは文句を言い合って、でも、政府というか国家レベルでは実利を求めるのが正しい姿と思います。まあ、民主国家の政治家は国民の感情に引っ張られますから朴大統領も苦しいのでしょうけれど。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 避難しなかったとしても | トップページ | 命を大切にするなら »

コメント

「韓国の中小小売業者らで作る団体は、「竹島の日」記念式典開催に抗議して、日本製たばこやビールなどの販売取りやめを決議し、日本製品の不買運動も始めた」実害を与えて、主張を押し付けるのはファッショだ。

何も悪いことをしていない人や会社に危害を加えるのもナチ。

どういう民度だ?

投稿: 加治将一‏@kaji1948 | 2013年3月 2日 (土) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56867599

この記事へのトラックバック一覧です: すぎた事は言わないのが:

« 避難しなかったとしても | トップページ | 命を大切にするなら »