« 最悪のシナリオ? | トップページ | 知的障害者の選挙権 »

2013年3月14日 (木)

789対0

789対0

東京新聞:原発関連死789人 避難長期化、ストレス 福島県内本紙集計
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013031190070031.html

東京電力福島第一原発事故に伴う避難やストレスによる体調悪化などで死亡したケースを、本紙が独自に「原発関連死」と定義して、福島県内の市町村に該当者数を取材したところ、少なくとも七百八十九人に上ることが分かった。死者・行方不明者一万八千五百四十九人を出した東日本大震災から十一日で二年。被災三県のうち福島では、宮城、岩手よりも多くの人が今も亡くなり続けている。原発事故は、収束していない。

東京新聞によると避難やストレスによる死者は789人です。一方で放射能漏れによる死者は0です。WHOなどの予測でも放射能による死者は果てしなくゼロに等しいのです。

これは、放射能漏れによって死者を出していない良く避難したとするべきなのでしょうか。それとも過剰に避難することで無闇に死者数を増やしたと非難するべきなのでしょうか。

いのちの重さが等しいのなら、放射能で死んでも避難のストレスで死んでも、同じく悲劇であるのなら、結論は明かです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 最悪のシナリオ? | トップページ | 知的障害者の選挙権 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56955727

この記事へのトラックバック一覧です: 789対0:

« 最悪のシナリオ? | トップページ | 知的障害者の選挙権 »