« ひとりも死んでいないのに | トップページ | アメリカは介入するだろう »

2013年3月25日 (月)

脱原発で戦ってください

脱原発で戦ってください

時事通信:「脱原発」を争点化=細野民主幹事長
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013032400110
「脱原発」を争点化=細野民主幹事長

民主党の細野豪志幹事長は24日、都内で街頭演説し、原発政策について「(民主党政権は)2030年代の原発ゼロを目標に具体的な絵を描いてきた。ところが自民党政権になってその政策が棚上げになった」と安倍政権の対応を批判した。この後、記者団に「原発政策は国民の大きな関心事だ。それを語らない政府・与党の姿勢はいかがなものか。都民や国民の関心事なので争点になる」と述べ、6月の東京都議選やその後の参院選で脱原発を訴え、争点化する考えを示した。

国民の多くが脱原発を望んでいるというか優先課題だと考えているのであれば、昨年末の衆議院総選挙で、日本未来の党があれほど惨敗するとは思えません。小沢さんまでいたのに。

  *        *        *

どうぞ、民主党は脱原発を掲げて戦ってください。そして日本未来の党のような議席数になってください。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« ひとりも死んでいないのに | トップページ | アメリカは介入するだろう »

コメント


1950年代に戦略航空軍団が柔道に目をつける。もともとは大戦中に多くの爆撃機クルーがドイツ収容所で死んだため、抵抗、脱走手段が必要なのを痛感していたためだが、長時間飛行に耐える体力や精神力の養成にも向いていると判断した。

もちろん指導者は足りないため、当初は講道館に派遣して学ばせたが、1953年に小谷澄之をリーダーとする柔道、空手と合気道(柔道内、富木氏)の一団が各基地を回り指導する。この時の指導団が米国の戦後武道に意外に大きく影響しているのを再認識。もっと調べてみよう

この空軍武道プログラムの発案は、あの鬼畜カーチス・ルメイなんで、日本兵の忍耐力も知っていたかもしれませんね。焼夷弾空襲を思うと日本人としては複雑な所ですが、逆に言えばルメイは感情抜きで「効果」を求める人物だった、とも考えられますね

黒糖丸‏@kokutoumaru
@baritsu カーチス・ルメイ…マジすか。戦後源田実が運動して叙勲させ、しかし先帝陛下は直接の授与を拒否されたという。複雑ですね。

投稿: ちていのき‏@baritsu | 2013年3月25日 (月) 16時48分

韓流ファンは韓国武道の「跆拳道」は「テコンドー」とカタカナで書くのに、なぜ韓国武道の「ハプキドー」は「合気道」と漢字で書くのか?

テコンドー同様カタカナで「ハプキドー」と書けば良いではないか。

日本武道の合気道と誤解を招くのでやめてほしい。

http://bit.ly/13nDgOM

投稿: 韓国武道 | 2013年3月25日 (月) 16時51分

民主党はぐだぐだですね。
もな夫は平壌運転ですね。
それより、あぐら海江田さんが訴えられた件について、
本日どれほど大きなニュースになるのか、いろんな意味で楽しみです。

投稿: ohsui | 2013年3月25日 (月) 17時33分


加藤典洋の本を買うとは思わなかった。原子力については、私は彼の段階的廃止論に全面的に同意する。

投稿: アルルの男・ヒロシ@日本あーあ党の総裁‏@bilderberg54 | 2013年3月26日 (火) 18時51分

原発スキャンダル

著者 木原省治


竹下登と桜内義雄が大ゲンカ、原子力発電をめぐる深い闇を告発したドキュメント。

序章 暗闇の記録を書き留める;
第1章 原発誘致で竹下登と桜内義雄が大バトル(野望に満ちた御三家さん;竹下登と桜内義雄が誘致合戦;これが、元祖企業ぐるみ選挙だ!;原発は「おぞいもんじゃ」;「鹿島天皇」と呼ばれた人物の暗闘;「政治力へツ伝書」着工;闇から闇の原発労働者たち);

第2章 お国自慢は大物政治家と天下り(大物政治家と県庁幹部の天下り;島根から豊北へと暗躍が続く;電力会社の社員も原発に反対しています);

第3章 無闇やたらにしかける原発立地(強敵、気高郡連合婦人会;がむしゃら、手当たり次第の立地工作);

第4章 陰謀ウズ巻く、上関原発着工(「上関方式」といわれる原発立地工作!?;愛する郷土のために心は一つ;そして、人間関係の亀裂だけが残った;陰謀ウズ幕、上関現地);

終章 豊かな海といのちを売るまい

http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=05_82281010/

投稿: 原発スキャンダル | 2013年3月26日 (火) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57028678

この記事へのトラックバック一覧です: 脱原発で戦ってください:

« ひとりも死んでいないのに | トップページ | アメリカは介入するだろう »