« なぜ「悲しみの日」ではなく「屈辱の日」なのだろうか | トップページ | 結果を予想していたか? »

2013年3月26日 (火)

民主党の責任です

民主党の責任です

NHK:広島高裁岡山支部も選挙無効の判決
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130326/k10013455611000.html

判決で、片野悟好裁判長は「おととし最高裁が『憲法違反の状態』と指摘してから選挙までのおよそ1年9か月は、衆議院議員の任期のおよそ半分に当たるので、区割りなどを改定するのに不十分だったとは到底言えない」と述べ、去年の選挙は憲法に違反していると判断しました。

そして、国会が去年、衆議院の解散当日に「0増5減」の法律を成立させたことについて、「最高裁が憲法違反と判断したすべての都道府県にまず1議席を割りふる『1人別枠方式』を基礎にしたものにすぎず、格差を是正する立法措置を行ったとは言い難い」と述べ、不十分な取り組みだと指摘しました。

「おととし最高裁が『憲法違反の状態』と指摘してから選挙までのおよそ1年9か月は、衆議院議員の任期のおよそ半分に当たるので、区割りなどを改定するのに不十分だったとは到底言えない」

その期間の大部分は民主党が多数派で政権についていました。違憲状態と知りながら解散総選挙を行ったのみ民主党政権です。

違憲状態の責任は国会議員全員にありますが、最大の責任は民主党にあります。

   *        *        *

しかし、不十分と指摘はあっても、「0増5減」を行えば、現状よりもマシになり、選挙が可能になります。少なくとも、いつ成立するか判らない抜本的改革を待って、国会が無い状態を招くよりも、出来る修正を行って選挙をする方がマシです。

つまり、夏の参議院選挙は衆参同日選挙であるだろうと言うことです。そして、おそらく自民党が大勝するでしょう(不安要素は、国民が、違憲状態の責任を現与党の自民党にあると誤解することぐらいでしょうか)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« なぜ「悲しみの日」ではなく「屈辱の日」なのだろうか | トップページ | 結果を予想していたか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57040002

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の責任です:

« なぜ「悲しみの日」ではなく「屈辱の日」なのだろうか | トップページ | 結果を予想していたか? »