« ところがですね | トップページ | 戦争かな? »

2013年3月 5日 (火)

株も上がるは、給料も上がるは

株も上がるは、給料も上がるは

ZAKZAK:“安倍のベア”効果拡大も! セブン&アイが給与アップ
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20130305/ecn1303051209007-n1.htm

アベノミクス効果で給与引き上げの春となるか。流通大手のセブン&アイ・ホールディングスは、イトーヨーカ堂など傘下の主要企業がベースアップ(ベア)を実施することで労働組合側と合意したと発表した。

一方、日立製作所と東芝、三菱電機、NECの電機大手4社は労働組合が要求している事実上の定期昇給の維持を受け入れる方針を固めるなど、13日に回答が集中する春闘で給与増に踏み切る動きが加速している。



金融緩和が雇用や給与に波及するまでに1~2年のタイムラグがあるとされ、その間は物価上昇で生活が苦しくなる可能性がある。そこで安倍晋三首相は、経団連などに対し、業績が改善している企業に賃金アップを求めている。企業の賃上げが進めば、幅広い層が景気回復やデフレ脱却を実感できるかもしれない。

政権交代があってからというか、円安になってからというか、私の勤務先でも受注が増えています。まだ売上までには至りませんが仕事量は確実に増えています。

うちの社長が昇給するかどうかは判りませんけど、受注が増え仕事が増えるのは良いことです。派遣ですが人員の増加もありました。新卒採用は2年ほど止まっている(入社式をしていない)けれど、来年はどうなるでしょうか。このまま行けばあるかもしれません。

   *        *        *

景気回復は最大の福祉対策です。失業者は仕事を得られる確率が上がり、ワーキングプアの人も昇給やより給与の良い職場へ転職できる可能性が上がります。生活保護に頼って生活している人も税収が増えたら、保護費を減らされる確率は減ります。それ以外の福祉だって税収が増えたら切り捨てられる確率は少なくなります。むしろ充実するかも。

   *        *        *

株も上がるは、給料も上がるは、このまま行くと夏の参院選で安倍自民党政権が勝つのは確実でしょうね。

保守や革新、原発問題、あるいは国旗国歌の問題、外交問題、極端に言えば領土問題さえ、個々の国民に仕事と収入を与える事に比べれば霞んでしまいますから。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« ところがですね | トップページ | 戦争かな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56895084

この記事へのトラックバック一覧です: 株も上がるは、給料も上がるは:

« ところがですね | トップページ | 戦争かな? »