« 危険神話も崩れましたから | トップページ | 敵の死を喜ぶこと »

2013年4月14日 (日)

彼等にとって「祖国」とは?

彼等にとって「祖国」とは?

SankeiBiz:「愚かな行為」「祖国の愛情尽き果てた」 大阪コリアタウンでも非難の声
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/130411/mcb1304111226027-n1.htm

一方、在日朝鮮・韓国人が多く住む大阪市生野区のコリアタウン。高校まで大阪市内の朝鮮学校に通っていたという食品販売店の女性従業員(58)は「昔は北は良い国だと思っていたが、数々の暴挙に愛情は尽き果てた」とうんざりした表情。

この人の意識している「祖国」や「国家」ってなんだろう?

北朝鮮の政府の事だろうか、朝鮮半島北部という場所に住む人々の事だろうか。政府や政党や政治家に対して「数々の暴挙に愛情は尽き果てた」と言うのは理解しやすい。けれども、国そのものと言うか民族や国民に対して「愛情は尽き果てた」というのは、ちょっと感覚的に判らない。

  *        *        *

自分が属する国家や民族に対して「愛情は尽き果てた」のであれば、他の国の国籍を得ようとしたり、文化を捨てたりするだろう。

政府や政党や政治家に対して「愛情は尽き果てた」のであれば、そして国家に対しては愛情があるのであれば、それぞれの立場で出来る範囲で、政府を改革しようとするだろう(ちょっと、べき論が過ぎる?)。

  *        *        *

在日コリアン、特に朝鮮籍の方々にとって「祖国」とは何を意味しているのだろうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 危険神話も崩れましたから | トップページ | 敵の死を喜ぶこと »

コメント

要するに連中にはまともな国家観と言う物がないのでしょう。むしろ、自分らに対する我々のブーイングをかわす事の方が重要でして、そのためにかような詭弁を弄しているのです。

投稿: DUCE | 2013年4月14日 (日) 11時40分

サーチナの李信恵さんがtweetされてました。
「日本人になれないし、なりたくもない。 そんな自分について、大人になるまで悩んでて、もしかして今もそうなのかな。 立派な朝鮮人は無理だし、正当な韓国人にもなりたくない。 適当な在日のままでいたい。けど、それが一番難しんどいんだろう。」
要するに全部否定です。建設的な思考の欠片もありません。絶句します。

投稿: 黒酢 | 2013年4月19日 (金) 13時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57168315

この記事へのトラックバック一覧です: 彼等にとって「祖国」とは?:

« 危険神話も崩れましたから | トップページ | 敵の死を喜ぶこと »