« 三権分立 | トップページ | 相互主義で言えばどうなんだろ? »

2013年4月 5日 (金)

みんなの党と民主党は似ている

みんなの党と民主党は似ている

NHK:渡辺代表 参院選民主と協力を
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130404/k10013682611000.html

この中で渡辺代表は、夏の参議院選挙について、「『基本政策が重なる範囲で、ほかの党と連携しよう』と言っており、民主党を排除する必要は全くない。民主党とは、共同提出した法案などもあり、現実を無視してはいけない。定員が1人の選挙区で候補者が重なれば、すべて自民党に持っていかれる」と述べ、定員が1人の選挙区を中心に、民主党と選挙協力を行いたいという考えを示しました。

みんなの党と民主党は似ているところがあると感じている。どんなところが似ているかというと、現実性がない政策を訴えるところ、妥協しないで0点になるところ。

  *        *        *

原発事故後の電力不足がいまより深刻だったころ「埋蔵電力」という言葉がマスコミを賑わした。この言葉をさんざん使っていたのがみんなの党の江田幹事長だった。

はっきり言ってがっくりきた。埋蔵電力なんてあるわけないのだ。儲けを優先する者が大規模な設備を遊ばせておく訳が無いのだ。埋蔵電力があるなんて思った人間は、ビジネスが判っていないか足し算引き算もできない人間だけだ。

大真面目で埋蔵電力があるなんて言った江田さん、それをチェック出来なかったみんなの党の現実を把握する能力なんて、民主党と同じくらいだ。

  *        *        *

反対勢力、野党勢力である限りは理想を追求して、で、与党に押しきられる役割を果たせばそれでよい。結局、与党自民党の政策が実行されるのだから、多少の問題提起が出来ればそれでよい。理想を再確認できればそれで良い。

  *        *        *

民主党は自民党内の権力闘争に破れた人達と旧社会党で構成されているとの見方を聞いたことがある。自民党をおんでた渡辺さんは相応しい人材なのかもしれない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 三権分立 | トップページ | 相互主義で言えばどうなんだろ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57106809

この記事へのトラックバック一覧です: みんなの党と民主党は似ている:

« 三権分立 | トップページ | 相互主義で言えばどうなんだろ? »