« 格差是正を行えば切り捨てと批判が起きるだろう | トップページ | すんげー安全 »

2013年4月 3日 (水)

中華思想は(共産主義と比べて)安全か

中華思想は(共産主義と比べて)安全か

毎日新聞:水説:冷戦と1票の価値=倉重篤郎
http://mainichi.jp/opinion/news/20130403ddm003070151000c.html

民主主義の根本である投票価値の平等が、この国ではいまなお実現されていない。民主主義社会では有権者が主権者である。政治家ではない。直接、間接民主制ともに有権者が多数決で物事を決する。であるにもかかわらず投票価値が平等でなければ何が多数かわからないではないか。

福田理論のもう一つの特徴は、元外交官らしく国際政治の枠組みにも論及する点だ。いわく。米ソ冷戦時代は、格差に目をつぶった合憲判決もやむを得ない側面があった。なぜならば、当時は共産主義という強力なイデオロギー的武器と、それと連動する国内政治勢力があり、政権の安定性を優先するという判断もあり得た、というのだ。

中国の台頭を受けた現在の「米中冷戦」はどう見るのか。福田氏の見解は明快だった。中国の狙いは、偉大な中華圏作りと経済利益の拡大など勢力範囲の拡張。しかも、それを国内法や国内政策で決めているだけで、かつてのソ連が持っていた普遍的武器とはなり得ず、同列には論じられない。

「なぜならば、当時は共産主義という強力なイデオロギー的武器と、それと連動する国内政治勢力があり、政権の安定性を優先するという判断もあり得た、というのだ」

う~ん、どうでしょうか。他国のであっても、発祥がどこであれ、その思想を日本国民が受け入れたのであれば、日本国民の思想であり、対立しているから1票の格差があって良いし、それが国防に役立つというのは、ちょっと腑に落ちません。

それと、共産主義に比べて中華思想が普遍性を持たないことには同意しますけれど、危険ではないとは思えませんし、現実の危機を引き起こす可能性は、むしろ中華思想の方が大きいのではないでしょうか。沖縄が中華思想にかぶれたらどうなるでしょうか。

  *        *        *

1票の格差の問題は、地方を切り捨てに繋がらないか、例え繋がったとしても票の公正さの方が大切かどうかという問題であって、思想の危険性の問題ではないと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 格差是正を行えば切り捨てと批判が起きるだろう | トップページ | すんげー安全 »

コメント

今日は【詰め切ってない倫理観】について

明文化されたルールの世界。暗黙のマナーの世界。ある程度は両方を意識する事は大事だろうと思うけれど、マナーの領域で裁く力が強すぎれば人は萎縮する。ルールの中で考えた事が、マナー違反だと批判され、責められる可能性があるから。

考えればわかるだろうと昔怒られたけれど、その人が自分で考えた事を説明してはくれなかった。押し付けられたものを自分の中で練り直していない人は、なぜそれをしてはだめなのかを説明できない。プロセスが無く、答えだけを受け取ったから

体罰はいけないに決まっている。連続敬遠なんていけないに決まっている。説明せずに問答無用で従う事を迫る。僕はその構図こそが体罰的だと感じている。対話して納得してもらおうとする為のプロセスを省くと効率的だけれど、自分で考える人間を育てる事が難しい。

【終わり】深い所では説明しきれないものをあるだろうけれど、その前段階として今ざわざわしているもの、許せないと思っているものは何処から来るのかを詰め切っておくのは大切だと思う。だめに決まっていると閉ざし続ければいつまでも自分の姿は見えない。

------

瀧本哲史bot‏@ttakimoto
うーん、「先生から正解を学ぶ」的スタンスの人をそのまま企業に合わせたら、皆、無批判に信じてしまうのではないでしょうか。DN初期には話題のAHとかも普通に呼んでましたよ。何か、似たことにならないと良いのですが。

投稿: ツイッター | 2013年4月 3日 (水) 13時39分

2013年4月 3日

科学的な統計


「電気エネルギーの消費が増加すると少子化になる」
この統計学は、バックミンスター・フラーが
1970年代のワールドゲームで発見している。
(『クリティカルパス』バックミンスター・フラー著 
梶川泰司 訳 白揚社 1998)

「女性の就労率(労働力率)が高くなると女性が子どもを産むようになる」
(武田邦彦 少子化問題での役所のトリック)

最近は、非科学的な統計が
国家によってしばしば流布されている。

http://two-pictures.net/mtstatic/

投稿: 犬のしっぽ | 2013年4月 3日 (水) 14時10分

勉強不足のせいか、ちょっと意味が分かりませんでした。
なぜ隣国の政治体制やその影響が、最高裁の審判に影響するのか。
たまに「その影響を考慮して・・・(判決文にて)」と聞きますが、
その判決が及ぼす影響を考慮してくれるのでしょうか。
少々感情的なんですが、
変態新聞も、犬HKも、高裁判決にさぞお喜びのようで。
私の一票が無効判決です。
判決が出た日の武田アナウンサーの晴れやかな声が忘れられません。

投稿: ohsui | 2013年4月 4日 (木) 01時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57094455

この記事へのトラックバック一覧です: 中華思想は(共産主義と比べて)安全か:

« 格差是正を行えば切り捨てと批判が起きるだろう | トップページ | すんげー安全 »