« あんた自身は? | トップページ | 危険神話も崩れましたから »

2013年4月13日 (土)

二世代目以降は、ルールを変えられない(ことはないけど難しくなる)

二世代目以降は、ルールを変えられない(ことはないけど難しくなる)

毎日新聞 木語:第2次朝鮮戦争?=金子秀敏
http://mainichi.jp/opinion/news/20130411ddm003070182000c.html

張教授はこう言う。金正日(キムジョンイル)総書記は2009年5月の第2回核実験後、南北の平和統一路線を放棄し武力による「聖戦統一」に転換した。後継者となった金正恩第1書記は、当然、武力統一を目指している−−。

若い第1書記は、韓国の朴槿恵(パククネ)大統領が女性であり韓国軍を指揮する能力はないと思い込み、またとない聖戦のタイミングが到来したと考えている−−。

北朝鮮の幹部たちも、抗日戦争では日本に勝ち朝鮮戦争では米国に勝ったと教え込まれた世代が主流になり、3度の核実験成功もあって自国が無敵の軍事強国であると信じている。米国はやっと警戒し始めた。韓国は本気にしていないが、危うい−−。

仕事をするときには、様々な規則があり、様々な書類を作成する。煩いとか面倒だとか思いながらも規則通りに行動し書類は書式にしたがって作成する。もちろん規則や書類は必要があって存在するのだ。

でも、理由も判らないまま規則に従い、面倒で非効率な書式だと思いながら作成していることもある。

問題は、その規則や書式を決めた時の理由を知らないまま従う場合だ。

その規則を決めた時には理由があり、作成する環境に適応した合理的な書式だったのだのだけれど、状況が変わり環境が変わっても、そのまま、という場合がある。

規則や書式を決めた人間は、理由を理解しているから、環境が変わると規則や書式を変えることが出来る。しかし時として、規則や書類を、前の世代から引き継いだ場合は、理由を知らないから、変えることが出来ない場合がある。

理由も判らないまま、こういうもんだと従ってしまっている。その結果、無駄な作業を行い、結果として無駄なコストを発生させてしまう(その結果、コスト競争に負けてしまう、かも)。

もちろん、ここで、前の世代に(盲目的に)従ってしまってしまっている人々は、学歴もあり決して馬鹿な人達ではない。

  *        *       *

「北朝鮮の幹部たちも、抗日戦争では日本に勝ち朝鮮戦争では米国に勝ったと教え込まれた世代」

こういった人達が、戦争の経緯を知らないままアメリカに勝ったと思い込んでいる可能性を無視できない、というか、自分にとっては起こり得るという実感がある(思い込むように教育された、その内容が社会や国家を維持する為のフィクションであるかもしれない、そういった疑問を感じる事の出来る人間は少数派だ)。

  *        *       *

北朝鮮の指導部に合理的な(現実に即した)判断を期待しすぎない方が良いのではないか(とんでもなくバカな決断をするかもしれないと覚悟しておくべきなのかもしれない)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« あんた自身は? | トップページ | 危険神話も崩れましたから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57165500

この記事へのトラックバック一覧です: 二世代目以降は、ルールを変えられない(ことはないけど難しくなる):

« あんた自身は? | トップページ | 危険神話も崩れましたから »