« こえぇ~ | トップページ | 帝国の定めたる法 »

2013年4月26日 (金)

中国がフランス?

中国がフランス?

中国網:米メディア:日本の「謝罪しない外交」は大きな面倒を起こす
http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2013-04/25/content_28656850_2.htm

日本の政治家が靖国神社参拝を続ける理由は何か。民族主義的感情をあおっているのか、それともただ選挙に勝つためなのかわからないが、その選挙形式にあるように、民衆の感情と公共の指導能力は全くの別物ではない。どんな理由であれ、靖国神社参拝は日本とアジアに悪影響を及ぼした。島嶼紛争を見ると、状況はエスカレートしなくても、日本の外交と貿易にすでに影響している。

歴史学者のW-R.ミド氏は自身のブログに、「日本と中国は、ドイツとフランスのように第二次世界大戦後に合意に達し、和解することができなかった。そのため、アジアは今も不安定で危険な状態にある」と記した。

中国がフランスのような人権と言論の自由を大切にしている国ならば日本と中国の関係はまったく違ったものになっただろう。

「日本と中国は、ドイツとフランスのように第二次世界大戦後に合意に達し、和解することができなかった」

日本とドイツを比べる言説を時々見るけれど、中国(や韓国や北朝鮮)とフランスを比べたものは見ることは無い。関係は片方だけで起きることではないのに。

  *        *       *

正直に言って、中国とフランスはまったく違う。失笑してしまうほどに。ならば、日本と中国の関係がドイツとフランスのようではないことの責任は中国にもある。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« こえぇ~ | トップページ | 帝国の定めたる法 »

コメント

 国際法違反の市民大殺戮の原爆を2発もまた2種類も投下しまた空襲により一般市民を大勢国際法に違反して殺戮したアメリカにとやかく日本を言われたくない。
 自国の黒人に選挙権等市民権も与えていなかったアメリカが黄色人種の日本人を虫けら同然に殺戮したことははっきりしている。
 お前たちのした悪事がばれることを恐れて日本はいつまでも自虐史観に縛り付けようとしても歴史の真実が少しずつ証明しつづけており時間の問題だ。
 戦後、NHKと朝日と岩波とを使って日本人の洗脳に尽力したようだが、今やネット勢力の前では事実隠蔽は不可能であろう。
 早く原爆投下はアメリカの誤りだったと認めといた方が今後の日米関係にとって良いのではありませんか?

投稿: しょうちゃんのつぶやき | 2013年4月26日 (金) 12時48分

話題:世界地図で見る靖国神社を公式参拝した国々 pic.twitter.com/ekC7xeFrHK

投稿: おまけさん | 2013年4月26日 (金) 14時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57249057

この記事へのトラックバック一覧です: 中国がフランス?:

« こえぇ~ | トップページ | 帝国の定めたる法 »