« 外交への影響は限定的 | トップページ | こえぇ~ »

2013年4月25日 (木)

「勝利宣言」で決着ですか?

「勝利宣言」で決着ですか?

NHK:北朝鮮軍 きょう創設記念日
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130425/k10014170161000.html

また、記念の中央報告大会が開かれ、演説に立ったヒョン・ヨンチョル総参謀長は、「精密化・小型化された核兵器やその運搬手段など、より強力な装備をさらに多く作り出すべきだ」と述べ、核・ミサイル開発を加速させる姿勢をアピールしました。

そして、「再び望まざる戦争が起きるなら、わが軍隊と人民は、アメリカとの対決の歴史に終止符を打つ」として、キム・ジョンウン第1書記への忠誠を呼びかけました。

その一方で、朝鮮労働党の機関紙は、「われわれの心の中では、すでに勝利の祝砲が打ち上がっている」と強調し、「決着をつけつつある」という印象を国民に植えつけるような宣伝も始まっています。

そうか、一方的に勝利宣言を出してアメリカに勝ったと北朝鮮の(北朝鮮だけの)歴史に刻むのか。

一方的勝利宣言なら事実なんてどうでも良いからね。

  *        *        *

魯迅の「阿Q正伝
」の精神的勝利法で勝利するなら、事実なんてどうでもよいので、核もミサイルもいらない。作ってないってはっきり判るならいくらでも「精神的勝利法」で勝利してもらってかまわないから、核実験とかミサイル発射実験とかしないでもらいたい。

拉致した日本人も返してもらいたい(なんとでも理由はつけられるでしょうから)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 外交への影響は限定的 | トップページ | こえぇ~ »

コメント

しかし、このところずっと気になっているのは、22日に香川で守氏から教えてもらったハリガネムシの事。

朝日新聞に載った話らしいが、水中で産卵し、カゲロウに寄生するハリガネムシが、カゲロウを食べたカマドウマに寄生して、カマドウマを水に飛び込ませ、自身の生のサイクル次代へとつないでいく物語。

カマドウマが水中へ身投げして自殺する事で渓流魚の餌となり、お陰でヨコエビなど水生生物が過剰に食べられないので、藻類が殖えすぎたり、落葉の分解が遅れたりしないとの事。

自分のためと、カマドウマを自殺させる一見ひどく利己的な行為が、結果として環境維持に役立っているという話。自分の欲を抑え、「人の為に」という行為が美徳とされる人間社会の不自然さを、あらためて考えさせられる。

何しろ、「~の為」という美名の許の行為で、環境破壊、医療費の増大と、矛盾がますます膨れ上がっている人間社会の行く手は、その見せかけの善意でますます身動きがとれなくなっていきそうだから。

いま、道徳教育が、取り沙汰されているが、これからの道徳教育は、単に昔の道徳教育の焼き直しではない、何か抜本的見直しが必要な気がする。

投稿: 甲野善紀氏 | 2013年4月25日 (木) 16時58分

>朝鮮労働党の機関紙は、「われわれの心の中では、すでに勝利の祝砲が打ち上がっている」と強調し

自虐史観の逆で興味深い。

投稿: a | 2013年4月25日 (木) 18時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57242689

この記事へのトラックバック一覧です: 「勝利宣言」で決着ですか?:

« 外交への影響は限定的 | トップページ | こえぇ~ »