« 逆でしょ | トップページ | 罵詈雑言で済みますように »

2013年4月 1日 (月)

恥に感じるvs厚顔無恥

恥に感じるvs厚顔無恥

朝日新聞 社説:生活保護―本当に自立支援なら
http://www.asahi.com/paper/editorial.html#Edit1

生活保護の受給者を「お荷物」とみるのか、それとも社会の一員と受け止め、手をさしのべていくのか。

パチンコや競輪、競馬などに生活保護費や児童扶養手当を常習的に使っている人を見つけたら、速やかに通報することを市民の「責務」とする――。

兵庫県小野市で、こんな条例が成立した。

「密告制度」「監視社会」。そんな言葉が頭に浮かぶ。

ただ、保護費をギャンブルなどに浪費する人がいるのは確かだ。それを不愉快に思っている市民も少なくないだろう。

事実、各地の福祉窓口には、受給者がパチンコ漬けになっているとか、車や高級バッグを持っているといった「通報」が珍しくないという。



生活保護に対する世の中の目は厳しい。しかし、受給者の多くは、今の状況に陥ったことで自分を責める感情が強い。本当は保護が必要なのに申請しない人も多い。

こうした状況は、通報ではとても解決しない。

この社説を読むと(と言うか、恥に感じたり自分を責めて生活保護を受給しない人がいることを聞く度に)必要な人が恥に感じて受給せず、厚顔無恥な人がもらってパチンコするような感じがしてしまう。

なんだかなぁ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 逆でしょ | トップページ | 罵詈雑言で済みますように »

コメント

「密告制度」「監視社会」だの何だの言うのは、独裁者が秘密警察を使い、市民を抑えつけて監視する場合を言う。
民主的な手続きで決めた条例を非難するとは、朝日は法治国家否定です。
お~~、怖っ!

投稿: a | 2013年4月 1日 (月) 11時46分

10万以上の送金に目的や職業を聞くという宣伝はテレビで1,2週間前からやってたが?

木で鼻をくくったようなアナウンスだけの変なCMだったけど。

もうわかってたことだから今更驚かなかった。

副島先生の重掲は要注目 http://snsi.jp/bbs/page/1/

[1240]今日、4月1日から 預金封鎖=金融統制体制 である。皆、甘い考えを捨てなさい。

4月1日(月)の朝から、先進国3地域であるヨーロッパ、アメリカだけでなく日本でも、実質的な金融統制体制にはいる。 銀行預金がおろしにくくなる事態 ( controlled output 、銀行引出し規制、禁止、凍結)が起き始めた、と私は判断しました。

 これは実質的な「預金封鎖(よきんふうさ)」である。預金封鎖 ( financial accounts clamp down フィナンシャル・アカウント・クランプダウン)とは、1.銀行の引き出し制限 と 2.新札切替(しんさつきりかえ) である。 「クランプダウン」clamp down というコトバの恐ろしさを、これから日本人も味わうようになる。

投稿: 預金封鎖=金融統制体制 | 2013年4月 1日 (月) 16時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57079564

この記事へのトラックバック一覧です: 恥に感じるvs厚顔無恥:

« 逆でしょ | トップページ | 罵詈雑言で済みますように »