« わりとまとも | トップページ | なんだかなぁ~ »

2013年5月25日 (土)

炭鉱事故で死亡する方々への共感もお願いします

炭鉱事故で死亡する方々への共感もお願いします

毎日新聞:発信箱:原発輸出と共感力
http://mainichi.jp/opinion/news/20130524k0000m070164000c.html

ひとつ、思いつくのは「共感力」だ。輸出先の途上国や新興国が被るリスクを我が事のように感じられるか。そういえば、途上国支援に尽力してきた緒方貞子さんも原発輸出には疑問を呈していた。一方で輸出推進派は、別の「共感力」を主張するかもしれない。「途上国にも原発の電力で発展する権利がある」という見方だが、なんだかだまされている気がする。

世論調査の担当部署によると、男女差があるのは国民の合意が固まっていない証拠。だとすれば、巻き返しのチャンスはある。自国の経済のために他国をリスクにさらさない。事故原因さえわかっていないのに、「世界一安全な原発」とにこやかに売り込む安倍晋三首相には、こうした共感力こそ期待したい。

日本では原発が止まり代替として火力発電が増えている。今後、しばらくの間は石炭火力を増やすことになるだろう。

日本には炭鉱は無くなってしまったから、炭鉱事故の印象は薄くなってしまったけれど、炭鉱事故では多数の死者が出ることも珍しくない。数十人規模で死者が出ることもある。

「自国の経済のために他国をリスクにさらさない」

日本の原発が止まり、化石燃料の輸入が増える、石炭の輸入も増えるだろう。それにより炭鉱で増産が行われ事故も増えるだろう。

日本の原発を止める為に、他国を炭鉱事故のリスクにさらしているのです。そのことも忘れてはなりません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« わりとまとも | トップページ | なんだかなぁ~ »

コメント

>巻き返しのチャンス

巻き返しか……。
共感されていない自覚があるのね……。

投稿: a | 2013年5月25日 (土) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57453673

この記事へのトラックバック一覧です: 炭鉱事故で死亡する方々への共感もお願いします:

« わりとまとも | トップページ | なんだかなぁ~ »