« コスト・豊かさ・障害者 | トップページ | 憲法は権力を縛るものという考え方と96条改正 »

2013年5月23日 (木)

ヘイトスピーチがダメなわけ

ヘイトスピーチがダメなわけ

朝日新聞:刃物で男女切りつけ 容疑の男を逮捕 大阪・生野
http://www.asahi.com/national/update/0522/OSK201305220001.html

府警によると、男は韓国籍で、「家にあった包丁で人を殺そうと思った。日本人なら何人も殺そうと思った」などと容疑を認めている。その一方で、支離滅裂なことを話しているといい、府警は刑事責任能力の有無を慎重に調べる。

精神病にも時代があり社会のありようが反映される。たとえば、電波で命令されるとかテレビが自分の事を喋っているという妄想は現代社会でなければありえない(電波やテレビが一般的にならなければ、こういった妄想はない)。また、悪者が誰かとか、自分を攻撃しようとするものが誰かといった事も社会情勢に影響されるだろう。

この通り魔事件を起こした韓国籍の男も、最近の日韓対立の影響を受けているように私には思える。

  *        *        *

極端で具体的なヘイトスピーチ、たとえば「殺せ」とか「レイプしろ」とかいったものは、ちょっと精神的に病んだ方々に取り込まれてしまうと、言葉だけでない現実の事件になってしまうかもしれない。

  *        *        *

ヘイトスピーチといえども言論や表現に止まる限りは、(権力は)干渉すべきではないと思っているが、自分達の言葉に乗っ取られて行動する現実の人間が出てくる可能性を無視してはいけない。

今回の事件が、ヘイトスピーチへの反応であるとは限らないし(日韓対立という政治状況+本人の資質かもしれないし)、方向は逆向きだし(しかし、自分が攻撃されるとの妄想があって、それに反応したのかも知れない)、けれども、言葉には人間を動かす力があるのは事実だ。

具体的な行動を求める言葉はやめにした方が良い。実際に、その行動を自分自身が行うつもりがないのであれば。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« コスト・豊かさ・障害者 | トップページ | 憲法は権力を縛るものという考え方と96条改正 »

コメント

被害者の方はお気の毒でした、早く、心身ともに癒えるよう、この場をお借りしてお祈り申し上げます。
管理人さんのお気持ちは解ります。品がない攻撃です。でもなんか変です。
国にひずみがあるから、言論の戦争であれ、異常事態が発生するのではないでしょうか。国のひずみは犯罪者をも作り出すかもしれませんが、
道具である言論自体が犯罪者を作るとは、私は思えません・・・

私個人は、(アレでも)肯定的です。
きれいな言論ではマスメディアが取り上げてくれません。
殺人未遂者が暴れ回っても、(国営放送が)ニュースで流さないほどですし。
こんな国にしたのは国民一人一人です・・・

投稿: ohsui | 2013年5月24日 (金) 01時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57440723

この記事へのトラックバック一覧です: ヘイトスピーチがダメなわけ:

« コスト・豊かさ・障害者 | トップページ | 憲法は権力を縛るものという考え方と96条改正 »