« 必然的な包囲網 | トップページ | 規制委員会は何をしている? »

2013年6月10日 (月)

官憲による抑圧よりも悪いもの

官憲による抑圧よりも悪いもの

時事通信:トルコ首相「我慢に限界」=反政権デモは最大規模に
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013061000018

政権側、デモ隊双方が妥協しない姿勢を示した形で、混乱の長期化は避けられない情勢だ。

エルドアン首相は、15日にアンカラで、16日にイスタンブールで集会を行うよう支持者に呼び掛けた。実現すれば、首相の支持者とデモ隊の衝突に発展する恐れもある。

デモが官憲のよって暴力的に抑圧された場合には、いちおう正当性があります。つまり正当性をもった権力者が鎮圧を支持し法的に正しい方法で行われることになっています。あるいは、法律的に違反があったばあいは、政府や政治家が責任をとることができます。

しかし、デモ隊同士の衝突になった場合にはどうでしょうか。

それは単純な暴力です。

個々の政治家にとっては、責任回避が出来るので望ましいでしょうけれど、民主政治に取っては、政治的要求を「言葉と数の暴力」ではなく、「直接的な暴力」で通そうとする。それは、民主政治ではありません。

   *        *        *

デモ隊同士の衝突になって、その結果、決着がつくようなら、その国は民主国家とは言えません。

そして、そのような決着の付け方(民衆同士が暴力で決着をつける)は、双方に恨みと恐怖心が残り、国家の存続すら脅かし兼ねない事態を招くでしょう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 必然的な包囲網 | トップページ | 規制委員会は何をしている? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57560884

この記事へのトラックバック一覧です: 官憲による抑圧よりも悪いもの:

« 必然的な包囲網 | トップページ | 規制委員会は何をしている? »