« 逃げる時は逃げる | トップページ | 韓国の盧武鉉、日本の鳩山 »

2013年6月25日 (火)

どの程度の意味があるのだろうか

どの程度の意味があるのだろうか

NHK:安保理 「性暴力対策強化」を決議
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130625/k10015561231000.html

国連の安全保障理事会は、世界の紛争地で起きる女性に対する性暴力は「人道に対する罪となりえる」として、加盟国に対して、罪を犯したものを裁くなど対策の強化を求める決議を採択しました。

世界では、内戦が続くアフリカのコンゴ民主共和国やマリなどの紛争地で、女性に対する組織的な性暴力が相次ぎ、国連安保理でも「平和と安全を脅かす問題だ」として、頻繁に議論されています。

性暴力は許されない。これは論を待たない。しかし、防止すること、性暴力をふるった者を罰することの為には、武力と武力を管理する力が無ければ何もできないことも事実だ。

安保理で決議することに反対はしないが、そこに防止する力を認めることは出来ない。

この議決にどの程度の意味と実効力があるのだろうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 逃げる時は逃げる | トップページ | 韓国の盧武鉉、日本の鳩山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57665219

この記事へのトラックバック一覧です: どの程度の意味があるのだろうか:

« 逃げる時は逃げる | トップページ | 韓国の盧武鉉、日本の鳩山 »