« どの程度の意味があるのだろうか | トップページ | 維新の会がダメなわけ »

2013年6月25日 (火)

韓国の盧武鉉、日本の鳩山

韓国の盧武鉉、日本の鳩山

読売新聞:尖閣、盗んだと思われても仕方ない…鳩山元首相
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130625-OYT1T00934.htm?from=ylist

鳩山由紀夫元首相は25日放送された香港のフェニックステレビとのインタビューで、沖縄県の尖閣諸島について、「中国側から見れば(日本が)盗んだと思われても仕方がない」と述べ、同諸島は「係争地である」との認識を示した。

時事通信:盧氏「日本の拉致主張は変」=07年の南北首脳会談録-韓国
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013062400841

韓国の情報機関、国家情報院(国情院)が24日、2007年10月の盧武鉉大統領(当時)と北朝鮮の金正日総書記の南北首脳会談の会議録と抜粋版を一部国会議員に配布した。聯合ニュースが入手した抜粋版によると、盧氏は駐韓日本大使から日本人拉致問題に関する主張を聞いたとし、「変だとしか理解できなかった」と言及。米国に対しても「覇権的野望を如実に表している」と冷淡な心情を吐露している。

韓国の故盧武鉉氏と日本の鳩山元首相とどちらが国に害を与えたのだろうか。

日本の鳩山元首相は現在進行形なのがつらい。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« どの程度の意味があるのだろうか | トップページ | 維新の会がダメなわけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57665347

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の盧武鉉、日本の鳩山:

« どの程度の意味があるのだろうか | トップページ | 維新の会がダメなわけ »