« 官憲による抑圧よりも悪いもの | トップページ | 貧困を撲滅するには »

2013年6月10日 (月)

規制委員会は何をしている?

規制委員会は何をしている?

47NEW:【福島第1原発の汚染水問題】“安全”強調も不信根強く 地下水放出、見通し立たず
http://www.47news.jp/47topics/e/242224.php

日々増え続ける汚染水の処理は喫緊の課題だ。原子炉建屋には1日に約400トンの地下水が流入し放射性物質で汚染される。東電はタンクの増設でしのぐが、限界もある。本格稼働すれば流入量を1日100トン程度減らせると見込む地下水バイパス計画は、汚染水問題の打開策として期待されている。

一部の漁業者からは「汚染水を人質に取られたら、地下水放出は受け入れざるをえない」との意見が出る一方、海に流した場合の風評被害への懸念も。いわき市漁協の 矢吹正一 (やぶき・まさかず) 組合長(76)は「せめて『国と東電が責任を取る』という強い言葉が欲しい」と訴える。

消費者からも厳しい声が上がる。8歳の子どもがいる相馬市の女性は「地下水にも放射性物質が入っているかもしれないので、子どもに魚は食べさせられない」と不安そうに話した。

活断層がうんぬんだけじゃなくて、こういった汚れ仕事とというか、不安を解消したり、安全を確保しながら放水するためのチェック方法への提言などを、原子力規制委員会はするべきじゃないか。

外野から文句言うだけなら評論家にだって出来る。

  *        *        *

誰かが、大丈夫だ、あるいは、ここをチェックすれば大丈夫だと言わなければならない。東京電力が悪者になってしまっている今、政府や規制委員会がその役を担わなければならない。
少しでも汚染水の増加と漏洩を避けるために。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 官憲による抑圧よりも悪いもの | トップページ | 貧困を撲滅するには »

コメント

規制委員会には問題があるそうですからねえ。

投稿: ohsui | 2013年6月11日 (火) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57565948

この記事へのトラックバック一覧です: 規制委員会は何をしている?:

« 官憲による抑圧よりも悪いもの | トップページ | 貧困を撲滅するには »