« 感情で叫んでも、どうにもならんよ | トップページ | シンボルにされたワタミ »

2013年6月 1日 (土)

言葉遣いとサンフランシスコ平和条約

言葉遣いとサンフランシスコ平和条約

新華社:「サンフランシスコ平和条約は違法かつ無効」、釣魚島問題めぐり中国外交部
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/economic_exchange/347551/

中国外交部の洪磊報道官は30日の定例記者会見で、「中国政府はサンフランシスコ平和条約が違法かつ無効だと認識しており、受け入れない」と述べた。

日本の菅義偉官房長官が29日、釣魚島(日本語名称:尖閣諸島)に絡み、「わが国の領土を法的に確定したのはサンフランシスコ平和条約だ」「尖閣諸島は馬関条約の締結前から日本の領土であり、ポツダム宣言前でも同様だ」と述べた。

中国はサンフランシスコ平和条約に署名していません。ですから、中国自身が縛られないと主張するなら理解できるんですけれども、「違法かつ無効」と主張するのは、いかがなものでしょうか。

  *        *        *

日本はサンフランシスコ平和条約で主権を回復したのですから、これを無効化してしまうと、日本は独立国家ではなくなります。

中国は日本を独立国家と認めないのでしょうか?

そんな国と様々な条約や取り決めをしているのでしょうか?

  *        *        *

中国の言葉遣いが大袈裟なのか知りませんけれど、「中国は縛られない」などと解釈の余地や交渉を要求するならともかく、「違法かつ無効」だなんて言うと、その言葉を受け入れてしまうと、日本は独立していないことになってしまうので、日本としても、そしてアメリカなどの国々にしても受け入れることなど出来ません。

  *        *        *

日本の政治家もそうですけれど、中国は言葉遣いを気をつけないと、誤解が誤解を呼んで、決定的対立(戦争)を招いてしまうのではないかと心配です。

日本の場合は個々の政治家レベルですが、中国の場合は政府のチェックが入ったあとというか、報道官の言葉ですから、より深刻だと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 感情で叫んでも、どうにもならんよ | トップページ | シンボルにされたワタミ »

コメント

>サンフランシスコ平和条約が違法かつ無効だと

台湾は日本の物らしいですよ。

投稿: a | 2013年6月 1日 (土) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57503930

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉遣いとサンフランシスコ平和条約:

« 感情で叫んでも、どうにもならんよ | トップページ | シンボルにされたワタミ »