« 言葉遣いとサンフランシスコ平和条約 | トップページ | 侵略と大義 »

2013年6月 2日 (日)

シンボルにされたワタミ

シンボルにされたワタミ

ZAKZAK:ワタミ会長「ブラック企業じゃない」 批判に大反論!
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130601/dms1306011449006-n1.htm

「私が創業し、取締役会長をつとめるワタミグループが一部で『ブラック企業』と呼ばれることについて、一度きちんと皆様にお話させて頂きたいと思っていました」

渡辺氏は出馬会見を行った5月31日、HPでこう切り出した。

記事中にある渡辺氏のHPのはたぶん、これ(「ブラック企業」と呼ばれることについて)だろう。で、一読しての感想は、ワタミはシンボルとして利用されたんだろうと言うこと。

  *        *        *

ブラック企業を、社員の待遇が悪い企業、労働環境が悪い企業と定義するなら、ワタミは業界平均よりも上にある。これは当然に予想される事で、大きな企業と小さな企業では大きな企業の方が労働環境が良いのが一般的だ。少なくとも数字に顕れるものでは。

だから、大手であるワタミの労働環境が業界平均と比べて良かったとしても、意外でもなんでもない。

  *        *        *

つまり、ワタミはブラック企業のシンボルにされた。小さい企業の方が労働環境に問題をかかえていることが多いけれど、名前の小さな企業ではインパクトが小さいから。

  *        *        *

ブラック企業よばわりされたことで、ワタミの労務管理の担当部署は、労働基準法などの遵守に神経質になるだろう。労働環境の改善により努力するようになるだろう。ワタミの労働環境にとって、ブラック呼ばわりされたことはプラスに働く。

しかし、見逃された小企業、ワタミよりもブラックであることが予想される企業は、気付かれることも改善される事もないと思うと、ちょっとブラックな気分になる。

  *        *        *

渡辺さんの言うことに反発を覚えることもあるけれど、ブラック企業呼ばわりについては、政治的なもののように感じている。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 言葉遣いとサンフランシスコ平和条約 | トップページ | 侵略と大義 »

コメント

ワタミが労働基準法の遵守を、しているか、いないかで言えば、していないでしょう。
法を破る側の人間を(過労死の件で違法判決が出ている)担ぎ上げる自民も、ホリエモン事件をもう一度起こす気なのかと疑問を持つのが普通の感覚じゃないでしょうか?

ワタミ以下の労働条件の個人企業があろうとも、ワタミがスケープゴートみたいな庇いだてには乗れませんね。

ワタミ以下なら違法、ワタミレベルが合法となれば、世のサービス業の人間は、過労死したらクズぐらいの暴論に感じます。

過労死者を出した企業のトップ、それだけで政治にかかわる資格がないと思います

投稿: nes | 2013年6月 2日 (日) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57507135

この記事へのトラックバック一覧です: シンボルにされたワタミ:

« 言葉遣いとサンフランシスコ平和条約 | トップページ | 侵略と大義 »