« 人権とは | トップページ | 善悪と修正は相互に独立 »

2013年6月22日 (土)

マスコミが批判するのとどう違う?

マスコミが批判するのとどう違う?

神奈川新聞 社説:為政者の重み再認識を
http://news.kanaloco.jp/editorial/article/1306220001/

安倍晋三首相が自身の歴史観に懸念を示した元外務官僚をフェイスブック(FB)で批判したことが波紋を呼んでいる。民主党の細野豪志幹事長との批判の応酬に発展するなど物議を醸しているが、最も憂慮すべきは批判を封殺するような為政者の言動がもたらす副作用だ。

発端は毎日新聞に掲載された田中均元外務審議官のインタビューである。



政治家がインターネットを活用し、自身の思いをダイレクトに伝える効果は大きい。しかし、国家の最高権力者、しかも世界第3位の経済大国の首相が個人攻撃を行う様には、国民をあまねく導くリーダーに求められる懐の深さを感じることができない。

田中均元外務審議官は単なる個人ではない。権力者が言葉に慎重でなければならないという事には同意するが、これを権力者による個人攻撃と単純化するのには同意出来ない。

  *        *        *

マスコミは第4の権力と呼ばれることがある。そのマスコミが誰かの個人を批判することはよくあることだ。もちろん、全くの一般人を攻撃することは少ない。あるていどの有名人や権力者や地位のある人間であることが殆どだ。

田中均元外務審議官を一般人あつかいしたら、それは彼に対して失礼なことだ。彼はマスコミなどから、批判されたとしても十分な地位の経験をお持ちだ。

  *        *        *

ひとたび政権を担い、雌伏の時期を経て再登板を果たした安倍氏なら、宰相の権力の大きさや怖さを誰よりも分かっているはずだ。首相が個人を名指しし、「語る資格はない」と指弾する姿に接したら、萎縮してしまう国民も出かねない。民主主義にとって最も重要な、表現の自由を抑圧するような恐れさえはらんでいる。

一般人ならともかく、元高級官僚が自分の専門分野について語る、そしてそれが批評批判の対象になるのは当然なのだ。そして誰かを批判したら、その誰かから反論されても不思議はないのではないか。

首相であれば反論してはならないと、首相の口封じをすること、いや、首相だからと反論しないことを正当化する(つまり黙って実行することを正当化する)のは、反論よりも危険なことではないか。

  *        *        *

もし権力者の反論が怖くて発言できない人がいるとしたら、その様な人の代弁をするのがマスコミの役割だ。マスコミが権力者の(暴力ではなくて)言葉による反論を恐れるとしたら、それはマスコミがマスコミたりえないと自白しているようなものだ。

  *        *        *

権力者といえども批判されたら反論する。もちろん言葉で。

権力者を恐れる人の代弁はマスコミがする。もちろん言葉で。

それが民主主義社会ではないか。

口封じと黙って実行に反対する。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 人権とは | トップページ | 善悪と修正は相互に独立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57642996

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミが批判するのとどう違う?:

« 人権とは | トップページ | 善悪と修正は相互に独立 »