« オスプレイ | トップページ | 原発は そこそこ安全と判った311 »

2013年6月28日 (金)

人権と主体思想

人権と主体思想

毎日新聞:ヘイトスピーチ:議員アンケート、回収率1割未満
http://mainichi.jp/select/news/20130621k0000m040074000c.html

「激化するヘイトスピーチをどう止めるか」をテーマにした院内集会が20日、東京・永田町の参議院議員会館であり、主催した「人種差別撤廃NGOネットワーク」が全国会議員に実施した緊急アンケートの結果を発表した。回答したほぼ全員が国による対策が必要としたが、回答率は全議員の1割未満で、ヘイトスピーチ(憎悪発言)への関心の低さが浮き彫りになった。

税金と保険の情報サイト:ヘイトスピーチ議員アンケート 回収率1割未満の理由は北朝鮮
http://www.tax-hoken.com/news_aI1nYQG1dq.html

この状況について、アンケートの責任者である師岡康子、大阪経済法科大学客員研究員は国会議員が回答することにより差別主義者からのバッシングを恐れたのでは、とする見解を示した。

ただ、実際には主催した「人種差別撤廃NGOネットワーク」の持つ偏りを見ると、回答を避けた動機は容易にうかがえる。

同団体の事実上のトップである、武者小路公秀代表世話人は反差別国際運動日本委員会の肩書きを持ち、国連人権委員会が日本の差別問題などを取り上げるきっかけとなった「ディエン報告書」の作成に協力した人物。

また武者小路代表は北朝鮮の故金日成総書記が提唱した「主体思想」を世界に広げるべく活動する「主体思想国際研究所」の理事をつとめるなど、北朝鮮との関わりが非常に深い人物だ。

北朝鮮シンパの人権派って何の冗談だよ?って感じてしまいます。

  *        *       *

ヘイトスピーチを好ましいなんて少しも思わないけれど、アンチ・ヘイトスピーチの側に政治的な思惑を感じてしまい、「人権」という言葉が人権抑圧の道具として使われてしまっているのではと、鬱々たる気分です。

  *        *       *

人権派、あるいはアンチ・ヘイトの方々は、不要な攻撃を避けるために身ぎれいにしておいた方が良い。自民党政権が閣僚の「身体検査」をしてスキャンダルが起きそうにないか確認するようなものです。それが本質じゃなくても問題にされるのですから(人権派から北朝鮮シンパを排除したら人数激減なんてことはない、と期待します)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« オスプレイ | トップページ | 原発は そこそこ安全と判った311 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57683995

この記事へのトラックバック一覧です: 人権と主体思想:

« オスプレイ | トップページ | 原発は そこそこ安全と判った311 »