« 善悪と修正は相互に独立 | トップページ | 民主党が情けなないのです »

2013年6月23日 (日)

先鋭化?

先鋭化?

AERA:沖縄が独立するのに「日本の承認はいらない」?
http://dot.asahi.com/aera/2013061900022.html

独立なんて大げさな、と感じる人も多いだろう。だが、「独立は決して非現実的な夢物語ではない」と言うのは学会設立委員の松島泰勝・龍谷大学経済学部教授(50)=石垣市出身。専門は島嶼(とうしょ)経済学で、沖縄と同じように米軍基地のあるグアムや、人口約2万人ながら共和国として独立したパラオで長期間研究した。

「独立に必要なのは住民の意志と国際社会の承認だけで、日本の承認はいりません。琉球内に独立を求める声が強まり、県議会などで意志を示せれば、国連の支援を得て住民投票を実施し、独立宣言。各国から国家承認をもらえばいいんです」

と具体的な道筋も描く。

沖縄の反戦(反米?)活動を行っている方々は追い詰められているのでしょうか。

政治運動は追い詰められると、過激な少数派を産み出すことがあります。その方々は非現実的な計画や目標を持ったりします。

例えば「世界同時革命」とか「神国日本、神風が吹く」とか。

沖縄独立論にも同じ臭いを感じます。

  *        *        *

「沖縄が独立するのに『日本の承認はいらない』」というのも、独立宣言をして「各国から国家承認をもらえばいい」というのも事実でしょう。

国家承認を多数の国からもらえば、日本が承認しなくても国家として振る舞えます。「独立国 沖縄」のパスポートを持って日本には行けないけれど、承認した国には旅行だってできます。

でも、これ「東大に入学するには、親の承認はいらない。成人まで待って、それから入学試験に合格すれば良い」と言うのと同じで、意味がありません。

東大入試を楽々突破出来る学力の持ち主で、親と仲の悪い人には別でしょうが、そんな人はいるのかってレベルの話です。

沖縄が独立を宣言することのハードルの高さ、そして、各国に承認してもらえる可能性を考えたら、ほとんど無意味です。

  *        *        *

国家となるには、領土と国民と主権が必要です。この3つを維持できる武力が必要です。沖縄にその武力が持てるでしょうか。

中国の侵攻をくい止める武力が持てるでしょうか。日本の侵攻を防ぐ武力が持てるでしょうか(薩摩藩の侵攻を琉球王朝は防げませんでした)。

アメリカに軍事的庇護を求めて、その武力を背景にするのならば、可能であるかも知れません。しかし、それでは現在と比べて良くなるとは言えません。

現在の情勢においては、沖縄独立は沖縄の地位を落とすことにしかならないでしょう。

  *        *        *

中国の軍事的圧力が沖縄にかかりつつある現在において、沖縄単独で対抗することになる沖縄独立が一般の世論の支持を得られるとは思えません。

沖縄独立論に政治活動の先鋭化と暴走の気配を感じます。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 善悪と修正は相互に独立 | トップページ | 民主党が情けなないのです »

コメント

経済的見地からすれば、一旦独立してしまえば、日本円はよその国の通貨に成り下がってしまうと言う事です。その時は独自の通貨を作って、国内で細々使えるようにしないとね。

投稿: DUCE | 2013年6月24日 (月) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57650350

この記事へのトラックバック一覧です: 先鋭化?:

« 善悪と修正は相互に独立 | トップページ | 民主党が情けなないのです »