« すべての人が大声をだすと | トップページ | 有効かどうか判ることは望ましい »

2013年7月31日 (水)

誤解されやすい発言だけれど

誤解されやすい発言だけれど

東京新聞:あの手口を学んだらどうか 麻生氏の発言要旨
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013073102000110.html

麻生太郎副総理兼財務相の二十九日の講演における発言要旨は次の通り。

日本が今置かれている国際情勢は、憲法ができたころとはまったく違う。護憲と叫んで平和がくると思ったら大間違いだ。改憲の目的は国家の安定と安寧だ。改憲は単なる手段だ。騒々しい中で決めてほしくない。落ち着いて、われわれを取り巻く環境は何なのか、状況をよく見た世論の上に憲法改正は成し遂げられるべきだ。そうしないと間違ったものになりかねない。

ドイツのヒトラーは、ワイマール憲法という当時ヨーロッパで最も進んだ憲法(の下)で出てきた。憲法が良くてもそういったことはありうる。

憲法の話を狂騒の中でやってほしくない。靖国神社の話にしても静かに参拝すべきだ。国のために命を投げ出してくれた人に敬意と感謝の念を払わない方がおかしい。静かにお参りすればいい。何も戦争に負けた日だけに行くことはない。

「静かにやろうや」ということで、ワイマール憲法はいつの間にか変わっていた。誰も気がつかない間に変わった。あの手口を学んだらどうか。僕は民主主義を否定するつもりもまったくない。しかし、けん騒の中で決めないでほしい。

誤解されやすい発言というか、非難の対象になりやすい発言ではある。しかし、全体の趣旨としては、ゆっくり静かに議論しましょうということで悪いことではないように思う。

  *         *        *

しかし、ナチスという単語が出てきたから、とにかく騒ぐというように見てしまう自分はヘソ曲りなのだろう。さらに言えば、「ワイマール憲法という当時ヨーロッパで最も進んだ憲法」とか「憲法が良くても」なんて、ワイマール憲法を褒めているのも自分としては賛成しかねる。だって、ナチスはワイマール憲法下で生まれ、そしてドイツは破滅した。

憲法は人間に幸せをもたらすべき実用品だから結果が「破滅」なら、その憲法にはどこか欠陥があったことにならないか。

  *         *        *

「ナチス」という単語は、というかタブーは、思考停止をもたらすものなのだろう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« すべての人が大声をだすと | トップページ | 有効かどうか判ることは望ましい »

コメント

ヴァイマル憲法は、ナチス台頭以前から欠陥品である事が明らかになっていました。はなから多党乱立で、それに対処するには、ある種の独裁しかなくなっていたのです。
ブリューニング内閣は議会でではなく、大統領によって成立した物だし、その後のパーペン内閣に至っては、もっとひどく「男爵内閣」と酷評されるほどに議会民主性がなくなっていたのです。
ナチスの陰に隠れて、こうした事はそれほど知られている事ではありませんね。

投稿: | 2013年8月 1日 (木) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57902830

この記事へのトラックバック一覧です: 誤解されやすい発言だけれど:

« すべての人が大声をだすと | トップページ | 有効かどうか判ることは望ましい »