« スキャンダラスじゃないほう | トップページ | 話し合わないのは誰? »

2013年7月25日 (木)

安倍さんらしいけれど

安倍さんらしいけれど

毎日新聞:安倍首相:終戦記念日の靖国参拝見送りへ 中韓に配慮
http://mainichi.jp/select/news/20130725k0000m010141000c.html

安倍晋三首相は8月15日の終戦記念日に靖国神社を参拝しない意向を固めた。複数の政府関係者が明らかにした。

参院選で与党が圧勝し政権基盤を強化した首相は、領土や歴史認識問題などで悪化した中国、韓国との関係改善に取り組む方針で、両国とのあつれきがさらに広がらないよう配慮する。

首相は2006〜07年の第1次安倍政権時代、靖国神社に参拝しなかった。このことを、昨年の自民党総裁選の際には、「痛恨の極み」と述べており、第2次政権での対応が注目されている。

安倍さんは小泉さんと違って妥協をしてしまうから、結局、参拝しないまま終わる可能性があるだろう。そもそも「痛恨の極み」とは言っても参拝するとは言わないのだから(小泉さんは「参拝する」と言って総裁選挙に出て、そして参拝した)。

  *        *        *

小泉さんのように、毎年参拝するのが良いのではないか。何度も参拝すれば、それが常態となれば、中国や韓国も慣れるだろう。

だって実質的な損害は(かれらの国にも)ないのだから。

  *        *        *

靖国問題などよりも遥に大きな問題が中国や韓国との間にある。

中国とは尖閣諸島を巡る問題。韓国とは徴用工の補償の問題。

今後、特に問題になりそうなのは韓国とは徴用工の補償の問題。

朝日新聞 社説:徴用工の補償―混乱回避へ知恵しぼれ
http://www.asahi.com/paper/editorial.html#Edit1

今月末には、三菱重工業を相手取った別の判決も出る。大法院の判決後、日本企業への集団訴訟も相次いで起こされた。

このままでは日本企業の韓国内の資産差し押さえ命令といった事態にもなりかねない。そうなれば韓国政府の信用問題になるだけでなく、両国関係に計り知れない打撃となろう。

そんな事態を避けるためにも、韓国の朴槿恵(パククネ)政権は元徴用工らに向きあい、受け入れられる解決策を探るべきだ。日本政府も知恵を絞らねばなるまい。両政府は冷え込んだ関係を脱し、対話を急ぐ必要がある。

韓国政府に解決能力があるとは思えません。この問題はどうにもならないでしょう。

  *        *        *

靖国参拝をしようがしまいが、中国や韓国との軋轢はなくなりません。

  *        *        *

安倍さんは、早めに参拝した方が良い。終戦記念日はともかく例大祭には。そして1度だけで止めたら、抗議に負けたみたいになるから、何度も参拝して、中国や韓国に慣れを作ってしまえばよい。

マスコミ(そして大衆)も慣れてしまえば騒がなくなるだろうから。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« スキャンダラスじゃないほう | トップページ | 話し合わないのは誰? »

コメント

>安倍晋三首相は8月15日の終戦記念日に靖国神社を参拝しない意向を固めた。
>複数の政府関係者が明らかにした。

と言いながら、

>靖国神社に参拝しなかった。
>このことを、昨年の自民党総裁選の際には、「痛恨の極み」と述べており、第2次政権での対応が注目されている。

と書いているから、

参拝しないで欲しいという願望記事。

>韓国の朴槿恵(パククネ)政権は元徴用工らに向きあい、受け入れられる解決策を探るべきだ。
>日本政府も知恵を絞らねばなるまい。

日本は、あなた(朴槿恵)のお父さんが結んだ日韓条約で、慰安婦や徴用工らの分も含めて補償した。
この補償には、北朝鮮の分も含まれている。
と、宣伝できる機会を与えてくれたことを感謝します。
という記事。

投稿: a | 2013年7月25日 (木) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57859527

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍さんらしいけれど:

« スキャンダラスじゃないほう | トップページ | 話し合わないのは誰? »