« なんで日本語じゃない? | トップページ | どちらに転んでも実務者は非難の対象 »

2013年7月29日 (月)

自由があるとき性格が表れる

自由があるとき性格が表れる

朝日新聞:官房長官「思想理由なら残念」 教授の韓国入国拒否報道
http://www.asahi.com/politics/update/0729/TKY201307290135.html

一方で「国際法上、一般的には外国人の入国を認めるか否かは各国政府の主権に基づく裁量で行われている事項だ」とも語った。

ある国が、その国の利害に基づいて、ある外国人の入国を拒否したり承認したりする。それは当然の事であり権利であります。理由を明かにするかどうかも自由です。

しかし、気にしておくべきことがあります。

それは自由があれば、そこに本人の性格・本質が表れるということです。

  *        *        *

例えば、お店に行って服を買うとき、お金が無いないと選べる服が少ないですから、本人のファッションセンスではないものを買うかもしれません。しかし、お金に不自由していないなら(そして文句を言う人がいないなら)自由に選べるなら、その人のファッションセンスに従った服を買うでしょう。

その人の服に対するセンスが表れてしまうわけです。

  *        *        *

韓国は主権国家として入国させる人間を選択する自由があり、その理由を公表する・公表しないを選択する自由があります。

さて、韓国はどんな理由で入国を拒否したのでしょうか。

それを公表するでしょうか。

そこに韓国の性格と度量が表れます。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« なんで日本語じゃない? | トップページ | どちらに転んでも実務者は非難の対象 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57890210

この記事へのトラックバック一覧です: 自由があるとき性格が表れる:

« なんで日本語じゃない? | トップページ | どちらに転んでも実務者は非難の対象 »