« 生活の心配するなら自民党に投票すべき | トップページ | 上流側で捨てろ »

2013年7月 9日 (火)

金なしで生きてください、生きられるものなら

金なしで生きてください、生きられるものなら

しんぶん赤旗:東電の再稼働表明 国の責任重大 “安全よりお金か”新潟知事
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-07-07/2013070701_05_1.html

「お金と安全と、どちらが大切か。安全と答えたが、うそだった」―。柏崎刈羽原発の再稼働審査を原子力規制委員会に申請する方針への理解を求めた東京電力の広瀬直己社長に対し、新潟県の泉田裕彦知事がのべた痛烈な言葉です。

5日、新潟県庁での会談での、やりとりは、次のようなものでした。

知事 年度内の黒字化は意識したか。

社長 経営なので、それは絶えず意識している。

知事 不安解消よりお金を優先したのか。

社長 経営者なので、3期連続の赤字は何としても避けたい。

知事 1年前の「安全優先」はうそなのか。国民が聞いたらどう感じるか。東電はトップが先頭切ってうそをつく会社だとしか伝わらない。

福島第1原発事故を起こしたことへの反省もなく、国民の安全を置き去りに原発再稼働をねらう東電の営利本位の姿勢は厳しく批判されなければなりません。

安全にはお金がかかる。医療や福祉は命を守るものだけれど、それがあれば社会はより安全になるけれども、それを維持するにはお金がかかる。

安全かお金か、と問うことは悪いことではないけれど、安全を追求するあまり、お金の問題をおこして、そのために命を失うようなことになったら本末転倒だ。

  *        *        *

福島原発事故で漏洩した放射能ではひとつの命も失われていない。被害の多くは風評被害だ。その事実を見据えていうならば、

「お金か安全か」、ではなく、「お金か風評被害か」

ではないだろうか(そして風評被害は電力会社の問題というよりマスコミと政治の問題であることを指摘しておきたい)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 生活の心配するなら自民党に投票すべき | トップページ | 上流側で捨てろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57754599

この記事へのトラックバック一覧です: 金なしで生きてください、生きられるものなら:

« 生活の心配するなら自民党に投票すべき | トップページ | 上流側で捨てろ »