« 日本には嫉妬する必要がないように思えます | トップページ | 無理なものは無理 »

2013年7月16日 (火)

人種的偏見

人種的偏見

東京新聞:米フロリダ黒人少年射殺 元自警団員に無罪評決
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2013071502000104.html

米フロリダ州サンフォードの住宅街で昨年二月、丸腰の黒人少年トレイボン・マーティンさん=当時(17)=を射殺し、殺人罪に問われた元自警団員ジョージ・ジマーマン被告(29)の裁判で、陪審は十三日、同被告に無罪評決を言い渡した。検察側は控訴できないため、確定する。

事件は当初、もみ合いの末の正当防衛だったと主張する被告を警察が逮捕しなかったため、人種差別との批判が起こり、全米で抗議活動が広がった。

黒人ならば暴力的犯罪をするという偏見。

白人ならば黒人を(正当な)理由無く殺すという偏見。

さて、どちらがあるのだろうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 日本には嫉妬する必要がないように思えます | トップページ | 無理なものは無理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57805196

この記事へのトラックバック一覧です: 人種的偏見:

« 日本には嫉妬する必要がないように思えます | トップページ | 無理なものは無理 »