« 中国のがほうが | トップページ | 敵基地攻撃能力 »

2013年7月26日 (金)

実際の被害はないのかな

実際の被害はないのかな

しんぶん赤旗:東電の「裏切り行為」 全漁連など厳重抗議 汚染水流出 「風評拡大に懸念」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-07-26/2013072601_03_1.html

抗議文は「原発事故発生以来、汚染水の海への漏出を絶対に起こさないよう、再三再四強く求めてきた」ことを強調。「操業の再開を心待ちにしている地元漁業者の失望感は計り知れない」「全国の漁業者を苦しめている風評被害のさらなる広がりが懸念される」と強い怒りを表明し、東電に汚染水処理の収束に向けた道筋を明確に示し、流出防止対策の早急かつ完全な実施、海域モニタリングの徹底・強化を求めています。

原発事故の責任を東京電力に求めるのは、それなりに納得するけれども、風評被害の責任まで求めるのはどうなんだ?

  *       *       *

風評被害とは実際の健康被害などがないのに、間違った情報や思い込みで忌避されるされるような事をいいます。

風評被害の原因は無知と間違った情報を広げる者たち(噂を広げる個人やマスコミ)にあります。その責任まで東京電力に求めるのは間違っています。まるでイジメのようです。

  *       *       *

しかし、被害の前に「風評拡大に懸念」というのは、予想される実際の被害が小さい事を(もしくは「無い」ことを)意味するので(本当に被害があることよりは)まだましな事態であります。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 中国のがほうが | トップページ | 敵基地攻撃能力 »

コメント

風評被害を恐れて、発表が遅れたのだそうだ。
つまり、無害と思えるこの程度を発表すると、風評被害が起こるのが目に見えていたということ。

もし、仮に、風評被害を恐れて、漁協にこっそり伝え、漁協もこの程度なら無害と納得し、魚を売ったとする。
が、漏水のことがどこかで知れれば、やはり風評被害+漁協ぐるみで隠ぺいと騒がれるだろう。

国民全体がこの程度なら無害という知識を共有しないと、風評被害は無くならない。
マスコミは今のところ、この程度なら無害という知識を広めようという気はない。
火の無いところに煙を立てて喜んでいる風に見える。

投稿: a | 2013年7月27日 (土) 02時49分


除染に5兆円。
確実に子どもを避難させられたな。

今朝NZ国営ラジオがガンダーセン氏をインタビュー。
太平洋全体が放射能汚染されてるのは約5年の見解、怖。
NZも海産物の検査はすべきと。
原子力&電力業界の隠匿体質についての言及も。
久々にNZのジャーナリズムを感じた

http://www.radionz.co.nz/national/programmes/sunday/audio/2563632/wayne-brittenden's-counterpoint

投稿: 国が第一 私は第二 | 2013年7月28日 (日) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57869682

この記事へのトラックバック一覧です: 実際の被害はないのかな:

« 中国のがほうが | トップページ | 敵基地攻撃能力 »