« どっちが最初の引き金を引いたのでしょうか? | トップページ | この問題で韓国側に立つ意見を見ない »

2013年7月15日 (月)

政治は歴史認識を定義できるか

政治は歴史認識を定義できるか

朝日新聞 社説:中韓との関係―真の互恵へ論戦深めよ
http://www.asahi.com/paper/editorial.html#Edit1

日本の安保・経済の針路を描くうえで、とりわけ近隣外交をめぐる戦略は避けて通れない問題であるはずだ。この論議の低調ぶりはどうしたことか。

日韓では今月、外相同士が9カ月ぶりに会った。だが、その3日後、韓国政府は「日本の指導者の安易な歴史認識に失望した」と発表した。安倍首相が党首討論で、植民地支配や侵略について「定義する立場にない」と述べたからだった。

韓国側には、植民地化を認めないことは歴史の「認識」以前に「事実」を認めないことだ、と映る。そんな首相に野党から多様な外交論がぶつけられるかと思いきや、そうでない。朴槿恵(パククネ)政権は今も日本との首脳会談を開くことに慎重なままだ。

安倍さんは自分の意見を言いたくなかったから「定義する立場にない」と言ったのでしょう。しかし、この言葉自身は正しいので、下手にあつかうと「政治が歴史認識を定義する国」を作ってしまいます。

   *        *        *

実際、日本が朝鮮半島を支配したのは事実ですけれども、それを「併合」と表現するか「植民地支配」と呼ぶかは、価値判断を含みますから、それを政治が決めることは、政治が個人の価値判断に介入・強制することになりかねません。

   *        *        *

朝日新聞は、政治家が、政治権力者が個人の価値判断に介入・強制することを望んでいるのでしょうか。いえ、そうは思いません。しかし、「安倍首相が党首討論で、植民地支配や侵略について『定義する立場にない』と述べた」ことを非難するのは、そのような社会に向かっていくことになりかねないと理解しているのでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« どっちが最初の引き金を引いたのでしょうか? | トップページ | この問題で韓国側に立つ意見を見ない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57793542

この記事へのトラックバック一覧です: 政治は歴史認識を定義できるか:

» 韓国は日本が歴史認識を認めるまで首脳会談をしないという我慢大会始まる [韓国ファンのための2ちゃんねるまとめ]
1 :ファイヤーバードスプラッシュ(dion軍):2013/07/23(火) 13:00:17.32 ID:A3rvqSMN0● ?PLT(12145) ポイント特典韓国、日本との首脳外交急がない 態度変化が前提2013年7月23日 12時37分【ソウル共同】韓国...... [続きを読む]

受信: 2013年7月23日 (火) 18時01分

« どっちが最初の引き金を引いたのでしょうか? | トップページ | この問題で韓国側に立つ意見を見ない »