« 投票に行ってきます | トップページ | 原発再稼働の許可でもある »

2013年7月22日 (月)

実験終了

実験終了

47NEWS:参院選で自民圧勝、ねじれ解消 アベノミクス期待、民主惨敗
http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013072101001638.html

第2次安倍内閣発足後、初の大型国政選挙となった第23回参院選は21日、投開票された。自民党が現行制度で過去最多となる65議席を獲得して圧勝、非改選議席を含め参院第1党へ復帰した。11議席を得た公明党とともに参院過半数122議席を超え、衆参両院の「ねじれ」は解消された。

今回の選挙の感想は「実験終了」です。

  *        *       *

日本における政権交代と2大政党制は失敗しました。というか自民党以外に政権担当能力のある政党は存在しないということが示された3年間でした。そして自民党の手足を引っ張るだけの野党は「お灸をすえる」以上のことをしちゃダメということが示された6年間でした。

実験終了、当面、自民党政権でしょう。

  *        *       *

短期的な問題は自民党内部での政策論争をいかに活発化するかという問題で、長期的な問題は、自民党に代わり得る政党をどうつくるか(民主党のようなダメダメじゃない政党をどうつくるか)です。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 投票に行ってきます | トップページ | 原発再稼働の許可でもある »

コメント

予算をぶんどって支援団体に撒くというコップの中の嵐のような政治では、エネルギーの調達、円相場など対外政策には、な~~~にも役立っていないことに気づいた国民。
そもそも予算分配も経済が良くなければ、金がなければできないこと。
民主党のように埋蔵金が~ではなく、原資を稼ぐことでつくらにゃと気付いた国民。
角栄政治は当時の世界状況ならば効果があったろうが、今の世界情勢では、無策に等しい。
ということに気づいた国民。
そんな国民相手に、小泉時代から自民党は変わったのに、民主党は角栄時代の自民党に憧れて横滑りした気道でいたから、グッダグダになった。

政党がこの点に気づいて党運営すれば、国民は選択肢の一つにするでしょう。
そういう観点から見ると、維新は荒削りで手入れが必要だが、方向は良い。

投稿: a | 2013年7月23日 (火) 03時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57845384

この記事へのトラックバック一覧です: 実験終了:

« 投票に行ってきます | トップページ | 原発再稼働の許可でもある »