« 尊厳は判らないが | トップページ | 沖縄の不利益 »

2013年8月 4日 (日)

こういう人々に権力持たせちゃダメだと思う

こういう人々に権力持たせちゃダメだと思う

NHK:オスプレイ2機 普天間基地に着陸
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130803/t10013520281000.html

運用ルールを巡っても、沖縄県と関係市町村が調査に当たり、目視や写真などで確認した結果、配備から2か月間だけでも人口密集地の上空を飛行するなどルールが守られていないケースが318件確認されたとして去年12月、政府に検証を求めました。

これに対し防衛省は、追加配備が迫る先月30日になって、「日米合意に違反する飛行は確認できなかった」という調査結果を沖縄県に伝えていました。

飛行このルール、「必要がなければ」や「安全上問題がなければ」といった言葉があって、違反とするのが難しいものなんだよね。それにオプスレイ独特の問題、プロペラの向きが変わる、違反になる角度、飛行する場所によって飛行モードが制限されているけれど(努力義務だけど)、微妙な角度を外から見て判断するのは難しい。

つまりルール違反と沖縄県が言ったとしても、努力義務にすぎなかったり、誤認だったりする。

誤認ならともかく、努力義務であることは沖縄県などの非難している側も判っているはずだ。

なのにこの騒ぎよう。

  *        *        *

できるかぎり頑張ると約束する時は、出来ないことが判っているから。

アメリカ軍にしてみれば、約束していない事で非難されているようなものだろう。

  *        *        *

私には、沖縄県や反対している側は、してもいない約束に基づいて非難しているように見えてしまっている。そんな人々が権力を握ったらどうなるだろうか。自分勝手な法律をつくり、既存の法も解釈を変えるだろう。

こういった人々には権力を(特に別の権力によって制限されない最高権力を)渡してはならないと思う。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 尊厳は判らないが | トップページ | 沖縄の不利益 »

コメント

沖縄のオスプレイ2機をを尖閣諸島に配備するよう、日本政府は米国に要望してもらいたい。
沖縄の基地の負担軽減、尖閣諸島の防衛及び実効支配の一石三鳥となる。
執拗な領海侵犯、領空侵犯及びレーダー照射をして、中国共産党は尖閣諸島を自国の領土にしようと決めていることは明らか。

投稿: うなぎ | 2013年8月 4日 (日) 11時40分

パレスチナのヒップホップグループ「DAM」

曲のタイトルは「WHO'S THE TERRORIST?」。
PVを観れば誰が本当のテロリストなのかわかると思います。
http://www.youtube.com/watch?v=OgSVXjNLFgo&feature=youtu.be

投稿: パレスチナのヒップホップグループ | 2013年8月 4日 (日) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57923209

この記事へのトラックバック一覧です: こういう人々に権力持たせちゃダメだと思う:

« 尊厳は判らないが | トップページ | 沖縄の不利益 »