« お葬式が終わるまでも待てない | トップページ | で、濃度は? »

2013年8月 7日 (水)

沖縄は受益者だから

沖縄は受益者だから

中日新聞 社説:米軍ヘリ墜落 基地が暮らしを脅かす
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2013080702000103.html

米軍駐留が日本の安全に不可欠なら、その基地負担は日本国民ができる限り等しく負うべきだ。一地域が基地負担を過重に負う安全保障体制は脆弱(ぜいじゃく)であることを、日米両政府は認識すべきである。

沖縄が多くの負担をしていることは間違いない。同時に沖縄が安全保障体制の受益者であることにも注意するべきだ。

日本の安全保障体制が弱体化したときに、最初に影響を受けるのはどこだろうか。

民主党、鳩山政権がやらかしたこと、その後の野田政権がやらかしたこと、そそて現在の尖閣諸島の状況を考えれば、日本の安全保障体制が弱体化したときに、沖縄が最初に影響を受けるのです。

  *       *      *

沖縄こそが安全保障体制を維持しようと努力するはずなんだけどな。沖縄は日米安保が毀損してもいいのかな。

  *       *      *

沖縄は安全保障体の受益者。それを忘れた議論は、不幸をもたらす。

何事も利益があれば不利益がある。両方を判って決断するならともかく、不利益に気がつかないで(失う利益に気がつかないで)行う議論と決断は間違いなく不幸をもたらす。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« お葬式が終わるまでも待てない | トップページ | で、濃度は? »

コメント

>基地負担は日本国民ができる限り等しく負うべきだ。

まず、沖縄の中で是正してみてくれ。
本島の中で基地周辺とそうでない地域に住む人、等しく負うには、どうやればいいのか?
基地の無い島と基地のある本島、等しく負うには、どうやればいいのか?

できるか?
できたなら、日本中でできる。

投稿: a | 2013年8月 7日 (水) 08時14分

今日から68年前、1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分、アメリカ軍のエノラ・ゲイ号(B29)が広島市に原子爆弾を投下した。
ウィキによれば、この核兵器一発で、当時の広島市の人口35万人(推定)のうち9万~16万6千人が被爆から2~4カ月以内に死亡したとされる。

今日の日や、三日後の8月9日の長崎市の原爆は、「原爆の日」あるいは「原爆記念日」という言葉がよく使われる。
毎年今の時期になると、この「原爆の日」、「原爆記念日」、「平和祈念式典」などという言葉に対して少し複雑な心境になる。

「~の日」とか「~の記念日」というのは、誕生日・結婚記念日・命日などの個人的な記念日のほか、公的な機関が制定した記念日、地方自治体が自分の地域や特産品などをPRするため・地元で発生した大災害を忘れないよう制定した記念日があるようである。

だから「記念日」なるものが、良いメモリアルと悪いメモリアルの両方に使われることは分っている。


(中略)


原爆においても、アメリカ批判はいっさいタブーなのである。
アメリカはアメリカ国内や国際世界に対して、広島・長崎の原爆投下を正当化する。

落とさなければ戦争が長引き、アメリカ将兵50~100万人の犠牲者が増えていた。
したがって正義の原爆だったという文脈で押し通す。
ここには人類史的な配慮が微塵もない。

アメリカは原爆を落として日本を降伏に導いた後、ニュルンベルグ裁判を凝らした違法軍事法廷「東京裁判」を開廷した。

その後はGHQの占領統治で、執拗なまでに日本悪玉論を日本人に植え付けた。
なぜアメリカは日本人を先天的に極悪な民族として裁かなければならなかったのか!?

http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2013/08/post-2656.html?cid=80848494#comment-80848494

投稿: ブログ | 2013年8月 7日 (水) 13時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57942676

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄は受益者だから:

« お葬式が終わるまでも待てない | トップページ | で、濃度は? »