« 沖縄の不利益 | トップページ | 原爆について理解できないこと »

2013年8月 5日 (月)

沖縄を売るという選択肢

沖縄を売るという選択肢

琉球新報:オスプレイ追加配備で県議会議長が抗議の緊急声明
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-210587-storytopic-3.html

喜納昌春県議会議長は5日午前、米軍垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの普天間飛行場への追加配備が始まったことに抗議し、オスプレイ全機の即時撤去を求める緊急声明を発表した。声明は「県民の意思を無視しており、飛行に関する安全基準すらなし崩しに運用されている。これ以上県民に不安を与え、危険な状況に置くことは到底容認できない」と日米両政府に強く抗議している。

沖縄を売っ払ったほうが楽になるんじゃないか?

戦後日本は中国大陸や朝鮮半島や台湾などの「植民地」を失ったが繁栄した。沖縄をどこかに売っ払ってしまっても日本本土は繁栄を維持できるんじゃないか?

  *        *        *

沖縄は日本でいたいのか、そうでないのか意思表示をしたほうが良い。日本でいたいのなら前線として安全保障の負担をすべきだ。負担したくないなら日本から切り離される覚悟をするべきだ。

  *        *        *

日本は沖縄を売っ払うことも選択肢にいれたらどうだろうか。

領土は永遠不変なものではないし、維持できないなら退縮すべきなのだから。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 沖縄の不利益 | トップページ | 原爆について理解できないこと »

コメント

沖縄左翼の主張に基づけば、本土は基地と言う「厄介ごと」を沖縄に押し付けたと言う事ですからね。
それに整合性を持たせるのならば、永久にアメリカ占領下に留めておくべきでした。
それならば、我が国が負担する物はありませんからね。ひたすら基地を沖縄本土のいかんを問わず、共通の厄介ごとと解釈するのであれば、諸所の補助金の負担すら馬鹿馬鹿しいじゃないですか。

投稿: DUCE | 2013年8月 5日 (月) 22時00分

反基地がお金にならないとわかれば、止むでしょう。
お金にならない構造を作らないと。

沖縄は基地と経済援助をリンクさせるな!と言ってきた。
安倍政権になってから、リンクせずに経済援助を行うようになった。
これで、基地が無くても援助はもらえると一瞬沖縄は安堵したが、次には基地があっても援助してもらえないのでは不安になった。
今は、基地があるから援助せよ!となっている。
基地と援助をリンクさせたがっているのは、沖縄。

本土の人間も、基地があるから「気の毒だから」援助するではなく、「振興が遅れている」地方の一つだから援助をすると感情を切り替えていきましょう。
沖縄を振興が遅れている一地方と見た場合、沖縄より遅れている、援助を必要としている地方がある。
特にその地方の知事、県民は、遠慮せず声をあげて欲しい。

投稿: a | 2013年8月 6日 (火) 00時49分

そして中国が買って、遠洋航海にレッツゴーですか。
鹿児島県沖を、自慢の空母が轟音立てて、憧れの太平洋にピクニックですよ。
走行中に沖ノ鳥島に乗り上げて、
あ、岩が崩れたよ。まあ人が住んでいないからいいか。
ここは公海だからね、何か日本語で書いてあったけど気にしないアルよ。

その後ろを遠洋漁船が網もって海洋資源を根こそぎですよ。
各種安全保障もくそもあったもんじゃありませんよ。

投稿: ohsui | 2013年8月 7日 (水) 00時22分

ohsuiさんこんにちは

私は対中国では「どこに防衛線を引くか」というのがもっとも大事と思います。

尖閣諸島か沖縄か、それとも九州なのか。

守れないなら縮むまでです。

  ***

沖縄は沖縄の協力がなければ守れません。そして沖縄の協力が心許ないのであれば、切り離すまで。そして次の防衛ラインを強固にすることです。

  ***

私も沖縄を切り離したくはありません。しかし、沖縄を維持できるのか、沖縄の協力はあるのか、そういった問いを持つことも重量だと思うのです。


投稿: 乱読雑記 | 2013年8月 7日 (水) 06時56分

こんばんは。まず、※欄を汚してしまったことをお詫び申し上げます。
八月六日は妙な毒が回る日なので、どうかお許しください。
仰る事はわかります。私は管理人さんに私淑していますので、
私の能力の範囲でわかろうと思っています。

当エントリーは、沖縄問題に対する問題提起として、必要と思います。
しかし現実として、沖縄を失う選択肢は、日本にも、アメリカにも、台湾にもあり得ないと思います。これでは冷戦の再来なのですが。
国の意思としても、沖縄の方には大変失礼ながら、
沖縄が日本への帰属を望んだ終戦後から、この問題は、沖縄の住民だけの問題ではないと思うのです。
「ヒロシマ」の政治的活動が、被爆者だけのものではないように、です。

一地方に対し、「国の言う事を聞け」というのは確かにモラルに反します。
適度な説得は必要です。
しかし、その場合、誰を説得するかが重要になってきます。
コレを書いたら負けの気がしますが、(陰謀的で何なのですが)
ttp://recollectionsummer.blog72.fc2.com/blog-entry-670.html
この方のエントリーの下にある、沖縄全市町村調査の内容が、
案外沖縄の本音ではないかと思うのです。
(幸福実現党の調査らしいところがアレなのですが)
その場合、説得の手法と方向が違ってきます。

とりあえず国を削る話は、仲井真知事の手腕をすべて見せていただいた後にする方がいいのではないでしょうか。

投稿: ohsui | 2013年8月 8日 (木) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/57934224

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄を売るという選択肢:

« 沖縄の不利益 | トップページ | 原爆について理解できないこと »