« 1000年たっても | トップページ | 可哀想 »

2013年8月28日 (水)

民主党の役割が終わったから

民主党の役割が終わったから

日本経済新聞: 「明確な政策打ち出せなかった」 民主が参院選総括
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2702Y_X20C13A8PP8000/

民主党は27日、7月の参院選結果を受けた総括文書案について協議した。憲法や社会保障政策などを念頭に「明確な政策を打ち出すことができなかった」とし、自民党との対立軸を示せなかったと指摘。無党派層の離反を招いたことも敗因の一つに挙げた。来週中に両院議員懇談会で意見集約し、9月上旬の常任幹事会で正式に決める。

6月の東京都議選も含めた一連の惨敗に関して「自民、公明、共産各党の勝利ではなく民主党の敗北」と分析。低投票率の原因は「安倍政権への批判票の受け皿をつくれなかった民主党の責任が大きい」とした。

旧民主党と旧自由党が合流して、現在の民主党が結成されたとき、「数合わせ・選挙狙い」という批判があった。その批判に対し菅さんは、選挙狙いではなく政権狙いだ。そのための数合わせだ、というような内容のことを応えていたと記憶している。

  *        *       *

組織が危機に陥った時には、組織のトップの資質も大事だけれど、組織の発足の原点もまた大事なことだ。

民主党は政権を獲得するために作られた。そして、政権を獲得した。その意味で民主党は成功したと言えるし、同時に目的を達成し役割を終えたとも言える。

  *        *       *

民主党の役割は非自民で政権を獲得し非自民の政権がどんなものか示すことだった。そして、それは成され、自民党政権よりも劣ったものであることが判った。

  *        *       *

民主党は役割を終えたと言えるのではないか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 1000年たっても | トップページ | 可哀想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/58079386

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の役割が終わったから:

« 1000年たっても | トップページ | 可哀想 »