« 野党がダメだから | トップページ | 感情の暴走を抑えられるか »

2013年9月29日 (日)

よくあることよ

よくあることよ

読売新聞:汚染水処理の停止、原因は置き忘れの「ゴム」か
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130929-OYT1T00462.htm?from=top

福島第一原子力発電所の汚染水を処理する放射性物質除去装置「ALPS(アルプス)」が停止した問題で、東京電力は29日、処理で生じた廃液を排出するタンクの底から板状のゴムが見つかったと発表した。
:

:
東電によると、アルプスの運転前に行った点検作業でこのゴムを使ったが、回収し忘れていた。アルプスは汚染水対策の柱の一つだが、改めて東電の管理体制のずさんさが浮き彫りになった。

ほめられた事ではありません、ミスはミスなのですから。しかし「改めて東電の管理体制のずさんさが浮き彫りになった」というほどのミスなのでしょうか。

システムというか機械は動かしてトラブって直して動かして、またトラブっての繰り返しです。そしてひとつひとつのトラブルの原因は単純なミスや不注意がほとんどでです。そういったものを地道に潰していって、チェックリストを作って経験値を積んでいくものです。

そして始めて信頼できるものになるのです。

  *       *     *

東京電力が謝罪をするのは当然ですが(ミスはミスですから)しかし、こういったミスを乗り越えて経験としてもらいたいです。

  *       *     *

ところで、マスコミというか読売新聞は誤字や誤報の経験はないのでしょうか。その度に「私達の杜撰な報道体制があきらかになった」とでもいうのでしょうか。このミスを「杜撰な管理体制」というなら、それくらいの覚悟と自分達への厳しさで仕事してもらいたいと思います。

  *       *     *

この報道を見て、私はホッとしました。よくあるミスで改善可能なものに見えますから。東京電力の方々にはがんばってもらいたいと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 野党がダメだから | トップページ | 感情の暴走を抑えられるか »

コメント

どれだけフィードバックできるか?
それがその企業の力の見せところ。

投稿: a | 2013年9月29日 (日) 20時43分

2013年9月30日

冷蔵庫


世界の主要都市部の温暖化現象だけで
地球全体の温暖化を類推するのは
冷蔵庫の外側の温度上昇から
家全体の平均の温度上昇を測る操作に等しい。
同じ考えから、彼らは家の内部の温度上昇に伴う
冷蔵庫の中の氷の増大現象を
地球寒冷化と言わざるを得ないだろう。

実際、南極の氷は融けながら全体は増大しているが
その現象は除外されたままだ。

観察者が冷蔵庫の内部にいるのか
外部にいるのかを最初に決めなければならない。

http://two-pictures.net/mtstatic/

投稿: blog | 2013年9月30日 (月) 11時16分

たしか、誤植どころかフライングや捏造まであった事があるはずですが・・・(ソース無し)

投稿: ohsui | 2013年10月 2日 (水) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/58289723

この記事へのトラックバック一覧です: よくあることよ:

« 野党がダメだから | トップページ | 感情の暴走を抑えられるか »