« 一回転半 | トップページ | 金がなくては安全はたもてない »

2013年9月27日 (金)

韓国は止まれないかもしれない

韓国は止まれないかもしれない

時事通信:全体像見て早急な解決を=慰安婦めぐる本、論議に一石-韓国
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201309/2013092500645&g=pol

旧日本軍の従軍慰安婦の全体像を知った上で、早急に問題解決を図ろうと呼び掛ける本「帝国の慰安婦-植民地支配と記憶の闘争」(「根と葉」出版)が韓国で最近出版された。著者の朴裕河世宗大教授は、元慰安婦を「民族の娘」とシンボル化し、日本に国家賠償を求める支援団体を批判、韓国人に植民地の歴史の複雑な事情を直視するよう求めており、慰安婦問題をめぐる論議に一石を投じている。



さらに、韓国で主流の支援活動について、「問題解決自体よりも日本政府を圧迫する韓国の力を確認する戦いになっている」と痛烈に批判。ソウルの日本大使館前に建てられた「少女像」に対しても、「韓国に好意的だった日本人にも韓国に背を向けさせ、無関心にさせた」と断じている。

韓国にも冷静な指摘をする人がいるなと思いました。「日本政府を圧迫する韓国の力を確認する戦い」というのは、その通りというか、韓国が日本を攻撃しているという実感をもっていましたので。

しかし、韓国の反日はますます加速しているようです。

47NEWS:韓国で旭日旗使用に罰則 刑法改正案提出
http://www.47news.jp/CN/201309/CN2013092601000781.html

韓国与党セヌリ党議員らは25日までに、陸上自衛隊が自衛隊旗として使うなどしている旭日旗など「日本帝国主義を象徴するマークや服」の製作や公共の場所での使用を禁じ、違反者に1年以下の懲役刑か300万ウォン(約27万円)以下の罰金を科す内容の刑法改正案を国会に提出した。提案者の1人である同党の孫仁春議員が自身のホームページで明らかにした。

歴史問題をめぐる日本批判が収まらない韓国では、政治家は日本に強硬な態度を取る傾向を強めており法案は可決、成立する可能性がある。

スポーツで日本人が自国を応援する際などに使用しないよう促す狙いがあるとみられる。

実際、旭日旗が使用されて実害がある訳ではありません。だって、戦後何十年も旭日旗は使用され続けてきました。それで、何か不都合があったでしょうか。青少年の育成に害があったでしょうか。日本社会が軍国主義になったでしょうか。

韓国にも問いたいです。旭日旗は戦後数十年も使いつづけられていましたが何か害があったでしょうか。仮に害があったのなら、何故、数十年も放置していたのでしょうか。

  *        *       *

「問題解決自体よりも日本政府を圧迫する韓国の力を確認する戦いになっている」

いえ、それだけでないのではと心配です。韓国国内で政治家や活動家が自分の力を証明する(アピールする)手段になっているのではと心配です。

  *        *       *

不良グループ同士が抗争するとき、グループ内で勇気・度胸を見せるために、敵対するグループに強硬な態度をとるというか、無謀なことをする人間が出てくる。ある人が強気にでると、他の人はもっと強気にでないとならなくなる。そして、その周りのひとはもっともっと強気にでないといけなくなる。

そして、どう考えてもダメだろうというようなことをやらかしてしまう。

  *        *       *

韓国国内で、韓国国内での立場を強くするために日本に無理難題をふっかけたり、日本を象徴するものを叩くのではないかという気がしてなりません。もし、そういったサイクル(誰かが日本に強気にでると、対立する側はもっと強気に出ないと、自分の勇気と能力を示せない、そして、次の人は.....)が回っているなら、彼等は日本に戦争をしかけるまで、止まることが出来ないかもしれません。

  *        *       *

韓国と不良グループを比較したことを不快に思った人がいるかもしれません。そんな方がいらっしゃったらごめんなさい。しかし、韓国が特別に不良グループレベルなのではなくて、どんな集団でも陥る可能性のあることなのです。

自分の勇気や能力を示すために、どんどん過激になってしまう。空気が出来てしまい反論できない。そんなことは何処の国でも集団でも起きうることだと思います。

  *        *       *

韓国は暴走を始めてしまいました。もしかしたら、彼等は日本に戦争をしかけ、破滅するまで止まれないかもしれません。

日本は韓国を諫めるべき(日本が直接言うことが逆効果なら他国に働きかけるべき)であると同時に、戦争に備えるべきでもあります。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 一回転半 | トップページ | 金がなくては安全はたもてない »

コメント

韓国で働いている私の日本人の友や韓国人、日本にいる韓国人に聞くと、マスコミが伝えるほど反日的ではなく、むしろ、醒めた目でマスコミの論調を見ていて、驚くほど私と同じ感想。
私に対する遠慮でそうなのかもと思ったが、日本人の友は私に遠慮は無用だから、案外彼ら彼女らが言うのは本当の韓国のインテリ層の感覚かもしれない。

では、なぜあんなに激しく反日活動をするか?

彼ら彼女らの分析よると。
マスコミに煽られているだけ、だそうな。
政治家は、マスコミに悪く言われたくない(言われると票を失うと思っている)から、突っ走るのだと。
ひところ、マスコミが選挙の度に「靖国は?」と聞いて、その答えによって本来選挙で問わなければならない問題を脇に置いて、バッシングしたアレと同じらしい。

小泉元首相により、「参っても参らなくても同じ」が証明されて以来、「靖国は?」の質問は減った。
反日国家は中韓だけと安倍首相が証明してみせたから、マスコミの言う「世界から孤立」が「アジアからの孤立」になり、最近では「東北アジアからの孤立」と言うようになった。

日本は民主党の酷さに早々気づいたから、まだ間に合った。
だが、韓国は、朴大統領ももう一人の候補者も反日だったから。

投稿: a | 2013年9月27日 (金) 09時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/58272433

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国は止まれないかもしれない:

« 一回転半 | トップページ | 金がなくては安全はたもてない »