« じゃあ何と言えば? | トップページ | 解釈改憲という不思議な言葉 »

2013年9月17日 (火)

原発を稼働させれば

原発を稼働させれば

中日新聞 社説:LNG 「高値買い」に封印を
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2013091702000102.html

東日本大震災後、原発の相次ぐ停止で発電量の九割を火力が担い、その約五割をLNGが占める。

燃料の輸入急増で一二年度の貿易赤字は約八兆二千億円にも達した。赤字の半分はLNGなどの調達費が主因だ。高値買いは巨額の富を海外に流出させ、ひいては日本経済の土台をも揺さぶることを見落としてはならない

原発を動かせば使う量を減らせる。高いから使わないよ(買わないよ)、という言葉は値下げを迫る言葉として強力だ。

日本が原発再稼働に向けて動き出せば、価格交渉力は強くなる。実際に再稼働させれば、もっともっと強くなる。

原発を動かそう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« じゃあ何と言えば? | トップページ | 解釈改憲という不思議な言葉 »

コメント

LNGの価格が日本の足元を見られての超ボッタクリ価格なら、価格競争が出来るものがあると、良い。
原発もその一つだが、シェールガスもその一つ。

「カナダ産シェールガス輸入、日加首脳が合意へ 2013年9月22日」
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20130921-OYT1T01290.htm

>2019年の輸出開始を目指す。
>日本がシェールガスを輸入するのは、17年にも始まる米国産に続き2か国目となる。
>ガス調達先を増やすことで、輸入価格を引き下げる効果が期待できる。
>日本は11年の東京電力福島第一原発事故を受け、カタールなどからの天然ガス輸入を急増させた。
>輸入契約は、原発再稼働を見込んでいたため、3年程度の短期契約がほとんどで、来年にも契約の更新を迎える。
>カナダ産ガスの確保に道筋が付けば、カタールなどとの価格交渉で優位に立つことも期待できそうだ。

投稿: a | 2013年9月22日 (日) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/58211051

この記事へのトラックバック一覧です: 原発を稼働させれば:

« じゃあ何と言えば? | トップページ | 解釈改憲という不思議な言葉 »