« 個人と集団、ヘイトスピーチ | トップページ | 日本すげ~ »

2013年9月20日 (金)

米国の利益の為に米軍は動く

米国の利益の為に米軍は動く

琉球新報 社説:尖閣派遣発言 誠実を欠く印象操作だ
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-212682-storytopic-11.html

在日米軍が尖閣で戦うというのも印象操作だ。米国の立場は「尖閣は日米安保条約5条(日本防衛義務)の対象だが、領有権問題では日中間で中立」というものだ。

日米安保条約は「米国の憲法に従って行動する」と規定する。米国憲法は戦争宣言の権限が議会にあると定めている。だから5条適用とは、せいぜい「米国議会の承認を求めるよう努力する」程度でしかない。欧州に攻撃があれば自動的に米国も戦争に参入すると定める北大西洋条約とは対照的だ。

米国内で、東シナ海の無人島のために米国の若者が血を流すべきだと考える人がどれだけいるか。発言はその意味でも非現実的だ。

尖閣諸島で軍事的衝突が起きた時に、日本が正しく振る舞えば(先に手を出さない、下手な融和や停戦をしない)、米国は参戦するでしょう。

「米国内で、東シナ海の無人島のために米国の若者が血を流すべきだと考える人がどれだけいるか」

たしかに小さな無人島の為にだけにならそうでしょう。しかし、参戦しなければ、無人島以外のものを失ってしまいます。それは、米国の信用です。

参戦しなければ、日本にとって日米安保の価値が大きく損なわれ、沖縄をはじめとする在日米軍基地を提供することに疑問が生じます。

前後しますが引用します。

海兵隊の駐留は、有事の際に中国や台湾にいる米国人を救出するためであり、沖縄や日本のためではない。沖縄にいる理由はないのだが、海兵隊は全世界で米本国に二つと沖縄に一つの3個師団しかなく、沖縄から撤退すれば今の規模を維持できる見込みが薄い。しかも今、強硬な予算削減要求にさらされている。組織存続がかかっているのでウィスラー氏も不用意な前のめり発言をしたのだろう。

尖閣諸島で軍事的衝突があったとき、米軍が動かなければ、沖縄の海兵隊は維持できるでしょうか。

   *        *        *

日本にとっては、おまけですが、米国は多くの国に軍事基地を持っています、そういった国々の米国への信用も失うでしょう。

   *        *        *

尖閣諸島で軍事的衝突が起きた時に、日本が正しく振る舞えば(先に手を出さない、下手な融和や停戦をしない)、米国は参戦すると私は思います。しかし、それは、無人島の為でも日本の為でもなく、米国の利益のためです。米国の欲望を信じるが故に、介入・参戦を予想します。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 個人と集団、ヘイトスピーチ | トップページ | 日本すげ~ »

コメント

>領有権問題では日中間で中立

棚上げを認めていないので、領有権問題は存在しない。
中国が棚上げを求めてくるのは、領有問題ありとしたいから。

>誠実を欠く印象操作だ

琉球新報は、米軍が動けもしないくせにあたかも尖閣を救うように言うのは、「誠実を欠く印象操作だ」と言っている。
えっ、アメリカ軍に救って欲しいの?
アメリカ軍が出てきたら困るんでしょ、琉球新報は。
だったら、口だけ米軍で良かったじゃないか。

にもかかわらず、記事にするのは、アメリカ軍が出てくる可能性を知っているから。

今回シリアへの出撃で議会の承認を求めたのを見て、議会の承認がなければ出撃できないように考えるのは、間違い。
大統領の命令だけで出撃できる。
「宣戦布告」と出撃は別物。
海兵隊が戦闘を行ったこと、即「戦争」開始とならない。

今回シリアへの出撃に議会の承認を求めたのは、イギリスが議会に諮ったことと、オバマ大統領のだけの決断では議会から追求されそうだったので。
フランスも議会に諮る必要はないが、アメリカの動向を見て、諮った。

投稿: a | 2013年9月20日 (金) 08時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/58229528

この記事へのトラックバック一覧です: 米国の利益の為に米軍は動く:

« 個人と集団、ヘイトスピーチ | トップページ | 日本すげ~ »