« もしかして誤解されている? | トップページ | 祝オリンピック東京開催 »

2013年9月 7日 (土)

で、あんたらは?

で、あんたらは?

中日新聞 社説:ブラック企業 もはや放置はできない
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2013090602000106.html

外食産業やアパレル業の有名企業からIT、大学職員などすでに社会の奥深くまで蝕(むしば)んでおり、病巣を放置したままだと、やがて国全体の雇用環境が劣化して「ブラック社会」になりかねない。なぜならブラック企業の多くは業界で一、二を争う好業績で影響力が大きいこと、また経済界が低賃金の非正規を拡大させたことが若者に「正社員になれるなら」とブラック企業に向かわせた面があり、雇用環境の悪化が背景だからだ。

「外食産業やアパレル業の有名企業からIT、大学職員など」

マスコミにブラック企業は無いのだろうか?

無いとはとても思えないのだけれど。

テレビの制作会社の下請けや小規模な出版社、こういったところに、厳しい労働環境が存在しないとはとても思えないのだが。

  *        *        *

ブラック企業の問題は根が深い。単純に企業側を責めるだけでは問題は解決しないし、そもそも、人間が働いて賃金を得るということそのものに「ブラック」になる要素があるし、それでも働いて賃金以外の何かを得るということもある。

  *        *        *

労働環境の改善に反対するわけではないが、それだけの問題なのだろうかと疑問にも思う。

  *        *        *

で、そういった問題を考えつつも「ブラック企業」という言葉を使い、「外食産業やアパレル業の有名企業からIT、大学職員など」と業界を挙げているのであれば、そこにマスコミ業界が入らないのは何故かと思う。

自分自身に甘いと思われてしまわない為にも、マスコミはマスコミ業界自身に「ブラック企業」やブラックな習慣がないか検証すべきだろう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« もしかして誤解されている? | トップページ | 祝オリンピック東京開催 »

コメント

みのもんた TBS

これもブラック企業?

みのもんたの時代はあの程度はセクハラにはならないと思ってるようだが・・。

投稿: みのもんた | 2013年9月 7日 (土) 10時56分

ラジオ番組「武田鉄矢・今朝の三枚おろし」で紹介「イヤな気持ち を消す技術」苫米地英人 (1)
https://www.youtube.com/watch?v=YcxkSHsC_cs#t=1677

2013年05月第3週分

文化放送のラジオ番組「武田鉄矢・今朝の三枚おろし」にて、
苫米地英人氏の書籍『「イヤな気持ち」を消す技術』
が紹介された。

武田さんなりの経験談やユーモアを交えながら
書籍について語られています。


内容
 ・心は鍛えられるものではない
 ・既に知っているものは記憶に残らない
 ・失敗を記憶するのは、生存するために重要な働き(失敗駆動型)
 ・トラウマ回避の方法について
 などなど


『「イヤな気持ち」を消す技術』(苫米地英人)
 ◆目次
  序章   満たされない心、傷ついた心
  第1章  なぜイヤな記憶ばかりが甦るのか。
  第2章  記憶とは何か。     それとどうつき合っていくか。
  第3章  あなたの自我があなたを不幸にする。
  第4章  悲惨な体験をトラウマにしない。
  第5章  うつ病は一瞬で治る!?
  第6章  イヤな気持ちから自分を解放するために。

投稿: ラジオ番組 | 2013年9月 7日 (土) 11時37分

バイトの悪ふざけ投稿、実は日本のブラック企業減少の契機になるかも。

経営者、管理職は、従業員に気持ちよく働いてもらいつつ、トレーニングをしっかり行うことの重要性に気付くだろう。

日本のような良質の労働者ばかりでない企業では基本中の基本の原理なのだが。

投稿: labor | 2013年9月 7日 (土) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/58142957

この記事へのトラックバック一覧です: で、あんたらは?:

« もしかして誤解されている? | トップページ | 祝オリンピック東京開催 »