« 力があると | トップページ | 独裁者の排除は民主政治も幸福も約束しない »

2013年10月25日 (金)

許容範囲、狭っ!

許容範囲、狭っ!

中央日報:【コラム】日本対策、独仏和解から学ぼう=韓国(1)
http://japanese.joins.com/article/520/177520.html?servcode=100&sectcode=140

韓日間の葛藤解決に率先するべき日本外務省が「独島(ドクト、日本名・竹島)が日本の領土」という内容の動画をユーチューブに掲載したのは、安倍政権が韓日関係の改善にどれほど誠意がないかを示す事例だ。日本のこうした妄動を見る度に私たちは問う。日本はなぜドイツと違うのか。ドイツ・フランスの和解は韓日関係の改善モデルになれないのだろうか。

中央日報:【コラム】日本対策、独仏和解から学ぼう=韓国(2)
http://japanese.joins.com/article/521/177521.html?servcode=100&sectcode=140

韓国の日本対策も謝罪要求一辺倒から日本市民社会の変化に重点を移さなければならない。日本の一部の政治家の妄言にいちいち反応せず、年間に数万人の青年・学生を交流させ、夏休みには両国の全国各地に相互語学キャンプを運営し、数百の姉妹都市を結び、地方自治体レベルの交流協力プログラムを同時多発的に運営すれば、時間はかかるが着実に効果が表れるだろう。

竹島について韓国にとって利益ある方法は、お互い言いたいことを言いながら延々と実効支配を続けることです。ですから、日本が何を言おうがやろうが、「で?」っていう顔をして何もななかったように振る舞えばいいんです。

日本が「日本外務省が『独島(ドクト、日本名・竹島)が日本の領土』という内容の動画をユーチューブに掲載」しようがしまいが、まるで無視して日本と付き合えばいいんです。そう、「日本の一部の政治家の妄言にいちいち反応せず」というのと同じに扱うことが韓国の国益になるでしょう。

日本が中国に、尖閣諸島の問題はそのままにして対話を呼びかけるのと同じですね。

  *        *       *

なんで、私は韓国の国益について話してるんだ?

  *        *       *

でも、韓国は「、日本の一部の政治家の妄言にいちいち反応せず」ということが出来ないでしょう。中央日報のこのコラムからして、反応しないべきと言いつつ、動画ひとつで「韓日関係の改善にどれほど誠意がないかを示す」だなんて言っていますから。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 力があると | トップページ | 独裁者の排除は民主政治も幸福も約束しない »

コメント

もし日本がドイツのようにあるべきだと言うならば、中国や韓国もフランスのような振る舞いをするべきだろう。
2013年5月22日、米誌ナショナル・インタレスト
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=72784&type=0

投稿: a | 2013年10月25日 (金) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/58453043

この記事へのトラックバック一覧です: 許容範囲、狭っ!:

« 力があると | トップページ | 独裁者の排除は民主政治も幸福も約束しない »