« 憲法九条骨抜き | トップページ | ヘイトスピーチと戦争 »

2013年10月 4日 (金)

騒いでも、どうにもならん事をどうするか

騒いでも、どうにもならん事をどうするか

朝鮮日報:【コラム】嫌気がさすほどいらだたしい日本人の冷静さ
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/10/04/2013100401735_2.html

日本では東京電力が石を投げられることも、安倍政権が不信任を突き付けられることもない。海外への移民が増えたという報道もない。ただただ日本政府による「放射能無検出」という発表を信じて見守っている。不平も抵抗もなく、政府の指図に従う日本人を見ていると、鳥肌が立つ。良く言えば恐ろしいほどに冷静で、悪く言えば嫌気がさすほどいらだたしい。

日本の沈着冷静さがうらやましくもあるが、それは良いことばかりではない。あいまいにやり過ごしたせいで、事態が長期化する結果を招いたからだ。東京電力が事実を隠蔽(いんぺい)する態度を改めないのもそのせいだ。日本政府は2年間、事故収拾を放置したまま、高みの見物を決め込んでいる。その結果、いまだに放射能問題を解決できず、周辺国に迷惑をかけている。

失礼な言い方ですが、韓国を見ていて「日本の持っている悪い部分を凝縮したら韓国のようになる」と感じる事があります。このコラムに書かれていること、困った事があったら騒いで何とかすることを要求するだけで理非や可能性を考えないというのもそうです。

  *        *        *

東京電力や政府の事故対応が完璧だなんて思いません。特に地下水への対応は、上流側で汚染前の地下水を組み上げて海へ排することは、事故直後から行うべきでした。そうしていれば汚染水の総量を抑えられ、貯水タンクにも余裕があって、海への流出も無かったかもしれません。

後知恵ですが。

  *        *        *

「日本の沈着冷静さがうらやましくもあるが、それは良いことばかりではない....略....その結果、いまだに放射能問題を解決できず、周辺国に迷惑をかけている」

でも、事故直後やこの2年間に大規模なデモが頻発していたら、現在の事態が避けられたかと言えば、そうは思えません。いえ、むしろもっと酷い事態を招いたのではないかとさえ思います。

  *        *        *

困った事や不満を言うなとは思いません。不満や要求を言うのは大事な事です。しかし、冷静に言わなければ、無理な事と出来ることを区別しなければ、酷くなるだけです。

  *        *        *

朝鮮日報:【コラム】嫌気がさすほどいらだたしい日本人の冷静さ
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/10/04/2013100401735.html

安倍首相は原発の放射能を完全にコントロールしていると豪語した。しかし、福島では現在も1日に300トンの汚染水が海に漏れている。完全なコントロールどころか、放射能遮断システムの至る所にほころびが見られる。これが韓国だったならば、民衆による反乱レベルの国民的抵抗が起きていただろう。牛海綿状脳症(BSE)をめぐるどうしようもないデマだけで、国が騒然としたわれわれだ

狂牛病のデモ、デマに基づいたデモで、何か良いことが(良い結果が)あったでしょうか。騒ぐのは結構ですが、良い結果をもたらさない騒ぎは、単なるムダでしかありません。

  *        *        *

日本にも理非を考えず、出来るかどうかを考えずに騒ぐ人はいます。しかし、このコラムを読んで、その姿を(騒ぐだけの姿を)韓国に見てしまって、日本の理非を考えず、出来るかどうかを考えずに騒ぐ人の事を思って、暗澹たる気分になってしまいました。

  *        *        *

世の中、騒いでもどうにもならん事というのは、あるものです。そういった事態にどう対応するか、それが人間の知恵だと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 憲法九条骨抜き | トップページ | ヘイトスピーチと戦争 »

コメント

>無理な事と出来ることを区別しなければ

    「ニーバーの祈り」

(英語原文)
O GOD, GIVE US
SERENITY TO ACCEPT WHAT CANNOT BE CHANGED,
COURAGE TO CHANGE WHAT SHOULD BE CHANGED,
AND WISDOM TO DISTINGUISH THE ONE FROM
THE OTHER

(翻訳者:大木英夫)
神よ 変えることのできるものについて、
それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
変えることのできないものについては、
それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、
変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
識別する知恵を与えたまえ。

投稿: a | 2013年10月 5日 (土) 07時10分

騒ぐだけの者は無責任である。
解決しようと思う者は静かに考え、寡黙に実行に移す。
努力した者は注意せよ。
騒いだだけの者に手柄を取られるな。
騒いだだけの者は、事が好転すれば自分が言ったからと、声高に言うから。

投稿: a | 2013年10月 5日 (土) 07時21分

元記事見たくないのですいませんが
(朝鮮日報は気力がある時にしか見たくないw)
この朝鮮日報ののネタ記事wにマジレスすると、
あほじゃあるまいし(関西以西なのでお許しを)
騒ぐことはできませんが、適度にデモは必要ですよね。
東電デモが必要だったとは言いませんが、
菅政権に対しては、本当にデモは必要だった。
(保守系のデモした人、ありがとう。)
デモンストレーション込みで、政治参加ですよね。

いや、机上の空論か・・・
広報・教育担当のマスメディアが機能していないんだった。

投稿: ohsui | 2013年10月 5日 (土) 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/58321017

この記事へのトラックバック一覧です: 騒いでも、どうにもならん事をどうするか:

« 憲法九条骨抜き | トップページ | ヘイトスピーチと戦争 »