« 因果応報、みのもんた | トップページ | そんなこと出来たら苦労はせんわ! »

2013年10月27日 (日)

ドイツの公安部は何をしていた?

ドイツの公安部は何をしていた?

47NEWS:怒りの裏に計算も/メルケル首相、盗聴問題/野放図な情報収集に枠の好機
http://www.47news.jp/47topics/e/246995.php

米情報機関による盗聴疑惑でドイツのメルケル首相がオバマ米大統領に強い怒りを向けている。信頼関係を台無しにしたとの思いからだが、敵味方を問わないスパイ活動は国際社会の常識なのも事実。メルケル氏の怒気の裏には政治的な計算も見え隠れする。

「重大な信義違反だ」。メルケル氏は23日、オバマ米大統領に電話で強く抗議。24、25両日の欧州連合(EU)首脳会議では盗聴問題が急きょ主要議題の一つになった。記者会見でメルケル氏は使っている二つの携帯電話のうち、どちらが盗聴対象になったとみられるのか詳しく説明した。

ドイツの公安というか対諜報というか情報セキュリティを担当している部署は何をしていたのでしょうか。メルケル首相はアメリカに怒る前に、そういった保安部門に怒るべきなんじゃないでしょうか。

  *         *        *

引用した記事にあるように、メルケル首相の怒りは多分に、政治的なもの見せるためのものなのでしょう。

  *         *        *

アメリカは批判するのは結構ですか、本当に怒るべきは別にあるような気がします。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 因果応報、みのもんた | トップページ | そんなこと出来たら苦労はせんわ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/58465241

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツの公安部は何をしていた?:

« 因果応報、みのもんた | トップページ | そんなこと出来たら苦労はせんわ! »