« 悪いのは職場の「空気」それとも「貧乏」? | トップページ | 朝日新聞すら »

2013年10月 6日 (日)

靖国神社と千鳥ケ淵戦没者墓苑

靖国神社と千鳥ケ淵戦没者墓苑

レコードチャイナ:米国務・国防長官が千鳥ケ淵戦没者墓苑を訪問=日本側に靖国参拝控えるよう促す意図―中国メディア
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=77557&type=

国際政治と外交の専門家・友田錫氏は、米国の同墓苑訪問について、日本に対して靖国神社参拝を控えるよう促す意図があると指摘する。「日本と中韓の間の靖国神社をめぐる問題は、米国の頭を悩ませている。米国高官の今回の訪問は、3カ国の関係改善を望むというメッセージである」

アメリカは靖国神社に対して意見しない。少なくとも表立っては。他国の宗教行為に表立って意見することの危険性を承知しているからだ。下手をすれば、その国の国民と徹底的な対立になりかねないからだ。

中国とアメリカ、洗練度が違う。

  *        *       *

靖国神社と千鳥ケ淵戦没者墓苑の違い。それは霊璽簿にある。靖国神社には誰が祭られているか明確に記録されている。千鳥ケ淵戦没者墓苑には身元不明の遺体が収められている。身元不明、つまり名前が無い。

  *        *       *

名前があると、生前に行った行為への評価が問題になってしまう。政治家が参拝したら、歴史的人物への評価を問われてしまう。

アメリカのアーリントン墓地は「墓地」ですから大勢の方々のお墓があって、有名な方のお墓もある。しかし、儀式としてお参りするお墓はそれらではなく「無名戦士の墓」だ。

アメリカは、わざわざ戦死者の中から名前の判らない方(身元不明の戦死者のご遺体)を探してきて、無名戦士の墓を作った。

  *        *       *

靖国神社から記名性をなくす(霊璽簿をなくす?)か、靖国神社のなかに「無名性」をそなえた場所を作ることはできないものだろうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 悪いのは職場の「空気」それとも「貧乏」? | トップページ | 朝日新聞すら »

コメント

千鳥ケ淵戦没者墓苑を日本の無名戦士の墓だという俗論を、アメリカの馬鹿2人が聞かされて行ったのでしょう。
千鳥ケ淵は無名戦士の墓では断じてありません。

誰のものか分からない骨と、身内が引き取らない骨が骨壷に入れて安置されているところです。
いわゆる無縁仏です。
アメリカ、フランス、イタリアの無名戦士の作り方を勉強してください。

投稿: 八目山人 | 2013年10月 6日 (日) 15時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/58329284

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国神社と千鳥ケ淵戦没者墓苑:

« 悪いのは職場の「空気」それとも「貧乏」? | トップページ | 朝日新聞すら »