« 政権交代があれば | トップページ | ドイツの公安部は何をしていた? »

2013年10月27日 (日)

因果応報、みのもんた

因果応報、みのもんた

朝日新聞:みのもんたさん会見「父親の責任、一番苦しい道選んだ」
http://www.asahi.com/articles/TKY201310260221.html

出演を自粛していた二つの番組を降板した理由について「報道番組は昔からの憧れだった。道義的な親の責任を感じ、一番苦しい道を選んだ」と説明。「やめなければ収まらない風潮に僕は感じた。人品骨柄、収入、住む家までたたかれるとは思っていなかった」と悔しさもにじませた。

みのもんたさんが、そういう風潮を作ったとは言わないけれど、助長してきたのではないか。少なくとも、こういった風潮を助長する世界にいてメシを食ってきた人間だ。

いわば因果応報のように思う。

  *        *       *

朝日新聞:「育て方が厳しすぎたのかな」 みのさん会見詳報:3
http://www.asahi.com/articles/TKY201310260399.html

芸能界の不祥事はずいぶん番組でも取り上げた。そういうとき私は、あなたは母親、父親だから職業を辞めろといったことはありません。私はバカ息子、バカ娘、警察に怒鳴り込むバカ親、やった本人には言いました。でもそういう風に言ったと書かれた活字もありました。うちのせがれもバカです。大バカです。でも、やめろよと親に言ったことはありません。その辺のところはよく見ていただきたいと思います。

これが事実かどうかは知らない。しかし、みのもんたさんがやっている(やっていた)ワイドショーの世界で、こういったことを区別するような精緻な議論がされているのを見たことが無い。

  *        *       *

親が子供の不祥事に巻き込まれる、あるいは逆に親の不祥事に子供が巻き込まれる。これが良いか悪いか、私には判らない。けれど、雰囲気・勢い・空気で誰かを攻撃するのは良くないことは判る。

  *        *       *

ワイドショーの世界、テレビの世界でも、被疑者や攻撃対象の側にたつ人間を(裁判における弁護士のような存在を)登場させて、きちんと議論させるべきなのだろう。

でも、それでは番組が難しくなって視聴率は取れないだろう。

  *        *       *

みのもんたさんについては、因果応報としか思わないが、ワイドショー的な世界で、政治や経済を語ったり、政治家を攻撃するのはなんとかならないだろうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 政権交代があれば | トップページ | ドイツの公安部は何をしていた? »

コメント

菅直人が自らのブログで、みのもんたは原子力ムラの
陰謀にはめられたと、同情している発言をしている
みたいです。

投稿: オレンジ | 2013年10月27日 (日) 09時31分

例の食材擬装のリッツカールトン大阪のメインダイニングって、ミシュランで星とってたんだな。これは凄い。

ふたつの意味で凄い。

何より、東南アジアの沼地の養殖場でつくった訳の分からんエビと車海老の区別のつかないミシュランが凄い。

次にミシュランの鑑定員を騙した阪急阪神ホテルグループが凄い。

投稿: みのかるび | 2013年10月27日 (日) 12時39分

10月22日の放送で『笑っていいとも!』(フジテレビ系)が来年の3月で終了することを司会のタモリ(68才)が報告。国民的長寿番組も32年目にして、ついに幕を閉じることになったが、長い歴史を持つ『いいとも!』には、これまで何度も“事件”が起きてきた。

 その中でも印象深い“5大事件簿”を紹介する。

【有吉佐和子さんvsさんま大ゲンカ(1984年6月22日)】

 同じくテレフォンショッキングのゲストとして登場した作家の有吉佐和子さん(享年53)は前述の黒柳同様、時間を守らずしゃべり続け、次のコーナーに出演するはずだった明石家さんま(58才)がたまらず飛び出してきて「早くどけ」と大ゲンカ。エキサイトしたさんまが、「死ね!ババア!」と叫ぶほどだった。
有吉さんは、その2か月後に亡くなった。

http://www.news-postseven.com/archives/20131026_223938.html

投稿: 『いいとも!』事件簿 | 2013年10月27日 (日) 15時03分

誰もみのもんたに子供の責任をとってやめろとは言っていない。そんな風潮もない。

私が感じるのは、セクハラを認めるのが嫌で子供の不祥事をきっかけに番組を降板してセクハラをウヤムヤにしたんじゃないのかという風潮ぐらいかな。

投稿: | 2013年10月28日 (月) 16時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/58461433

この記事へのトラックバック一覧です: 因果応報、みのもんた:

« 政権交代があれば | トップページ | ドイツの公安部は何をしていた? »